モットーは★馬中心主義★小倉競馬開催時には、パドック・返し馬情報も配信中
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリックしてね!FC2ブログランキング 

土日共に、小倉名物「スコール」の襲来さえなければ(あるんだなぁ、これが・・・)、パンパンの良馬場開催はほぼ約束されたといってもいいでしょう。


クリックしてね!←8月・夏競馬真っ盛り!応援クリック、お願いします!

アストンマーチャン
 Aston Machan(牝3)


転圧の必要のないくらい硬い馬場になっているでしょうし、明日の中間馬場発表がどうあれ、転圧があったものとして見たほうがいいくらいでしょう。

枠順決定の前なんで、暫定版の予想としてUPしておきます。かなり、ハンデにハンデがあるような感は否めませんが・・・。

連軸の中心は、アストンマーチャンで。レベルの高い3歳牝馬戦線で中心の1頭として戦ってきた戦歴なら、古馬混合のここでも。ハンデの53kgは、何かの意図が働いているのか、と勘繰るほど恵まれたといえるでしょう。凱旋試合を見事飾ることができるか。
不安点を挙げるとすれば、休み明け、そして岩田JKのテン乗りくらいでしょうか。特に、岩田JKは今夏初めての小倉戦。ぶきっちょな競馬なら、脚を余す心配もある。

初芝の直線1000m戦を出遅れながら制した、サンアディユが逆転候補。小倉芝1200mのコース形態自体が下り坂となるため、昨年の勝ち馬・コスモフォーチュンがそうであったように、この馬にも味方する感もある。前走は出遅れたものの、元来、ゲートの出は良いほうで、内ぴったりの競馬をすれば、牝馬ながら恵まれた馬体を活かしての戴冠も十分だろう。

全10場重賞制覇を目指す蛯名JKが、スピニングノアールで3度目の正直に挑む。今冬の小倉大賞典でも2番人気・エイシンドーバーで10場制覇を目論むも、惜しくも2着に終わった。その当時も、平場はチグハグな競馬が目立ったが、出遅れ・外回しが定番のJKにこの小倉芝1200mはいかにも不向きなコースに思える。時計の早い決着が得意な馬だけに、この選択は残念。

「快足娘」といえば、忘れてはならないカノヤザクラ。一本調子のスピードが武器だけのレースが続いたが、休養明けの馬体写真からはパワーUPした印象を受けた。先週くらいから徐々に、バクシンオー産駒の好走が目に留まりだした点も見逃してはならない。血の後押しも考慮すれば、単穴候補として注目したい。

この夏の最大の上り馬であるメイショウトッパーだが、このハンデは多少貰いすぎの感も。時計対応できたかの前走だが、父テイエムオペラー・父父オペラハウスの流れを汲むこの馬に、これ以上を求めるのは酷な感もする。善戦は可能とは思うが・・・。

連下候補として、まず昨年の2着馬のゴールデンキャストを。昨年の58kgから今年は1kg減の57kgとなるが、今年のメンバーも手強く2・3着候補の1頭か。
「夏の小倉」が得意な、モンローブロンド。昨年の西日本S杯での55.5kgでの1.07.3(梢重)の時計を持ってすれば、今回、52kgのここは一発があっても驚けない。
穴なら、1000万条件連勝のワイキューブ。鞍上替わりは不安だが、短距離戦だけに気にするよりも連下争いの一角としてなら十分。

◎サンアディユ
○アストンマーチャン
▲カノヤザクラ
注ゴールデンキャスト
△モンローブロンド
穴ワイキューブ


FC2ブログランキング ←ランキングUPのため、応援クリック、お願いします。

最終予想は枠順確定後になるが、パドック次第では大きく変わる要素も。但し、基本線は過去歴も含めたこの線でいきたいと思います。

この夏一番の暑さになりそうな今週末。パドック、頑張ります!

スポンサーサイト

クリックしてね!FC2ブログランキング 

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bitchparadise.blog60.fc2.com/tb.php/988-a4e0cb5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。