モットーは★馬中心主義★小倉競馬開催時には、パドック・返し馬情報も配信中
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリックしてね!FC2ブログランキング 

今週の重賞レースは2鞍。夏競馬の開幕を告げる短距離戦といえば、函館SSですよね。
今年も、3歳馬2頭が参戦し、群雄割拠の混戦模様。さて、少しかじってみますか・・・。


クリックしてね!←待ってました、夏競馬!応援クリック、お願いします!

下に各馬の最高持ちタイム(過去2年以内)を示して見ました。(上りタイムは、そのレースにおける各馬の上りタイム)
そして、そのレースの開催場所と条件。これで見えてくるのものは??

函館SS

ちなみに月曜のエントリーでも書きましたが、昨年と今開催の函館1200mのタイムは・・・

◆ 芝・1200m ◆ (何れも開催1~4日目までのデータ)

06年の500万条件での平均勝ちタイム 1.10.5 最速上り3ハロン平均 35.6
(6レース施行・最速勝ちタイム 1.10.1)

07年の500万条件での平均勝ちタイム 1.09.5 最速上り3ハロン平均 34.7
(4レース施行・最速勝ちタイム 1.08.7)

06年の1000万条件での平均勝ちタイム 1.10.5 最速上り3ハロン平均 35.8
(2レース施行・最速勝ちタイム 1.10.1)

07年の1000万条件での平均勝ちタイム 1.09.2 最速上り3ハロン平均 34.6
(2レース施行・最速勝ちタイム 1.09.1)

また、過去3年の同レースの勝ちタイムは、1.09.1(04年)・1.09.0(05年)・1.09.4(06年) 
勝ち馬の上りタイムは、35.5(04年)・35.3(05年)・33.9(06年)となっています。

先行抜け出しでシーイズトウショウが勝った04・05年は、ほぼ同タイムでの決着。
ビーナスラインが直線一気を決めた昨年は、上りは当然速いタイムですが、全体の時計は平凡でした。ハイペースで追い込みだったかというと、実はそうではなく、テンの3ハロンは過去3年で一番遅いタイムでした。


FC2ブログランキング ←ランキングUPのため、応援クリック、お願いします。

当日の馬場状態も判らないなかで、結論を出すのは早急だと思いますんで、事前予習としての各馬のパフォーマンス分析はこのへんで・・・。

良馬場での施行と仮定した際、1.08.0前後の争いになると思われる今年のレース。
貴方なら、この結果からどう判断しますか??

スポンサーサイト

クリックしてね!FC2ブログランキング 

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bitchparadise.blog60.fc2.com/tb.php/870-0098e7e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。