モットーは★馬中心主義★小倉競馬開催時には、パドック・返し馬情報も配信中
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリックしてね!FC2ブログランキング 

皐月賞で思わぬ??取りこぼしをした、安藤勝・フサイチホウオー。当初から、「ダービーこそ」みたいな発言もありましたが、皐月賞のあの競馬は「取りこぼし」に近いもんでしょう。


クリックしてね!←びっち指数、その威力は如何に??応援クリック、お願いします!

前走後、松国調教師はアンカツの騎乗ぶりに少々、おかんむりだったそう・・・。
いや、それ以上に怒り心頭だったのは、○藤オーナーに他ならないとは思いますが(笑)。

このダービーWeekの週中に感じ取れる、アンカツJKのとてつもないモチベーションの高さ。
追い切り後の共同会見においても、「自信あり」の連発!その他にも、「1番人気上等」的な言葉や、「東京コースなら」など牽制以上の発言が、“いつになく”目につきます。

そのなかでも気になるのは、「もうひとつエンジンがある」発言。エンジンというより、もう一速「高ギア」が隠れてるという意味だったんでしょうが、皐月賞以上の末脚を繰り出す(繰り出せる)つもりなのか・・・。
捉え方は様々あると思います。が、そこまで才能の「突出」した化け物なんでしょうか?

思いっきり穿った見方になりますが、新馬戦→東スポ杯(GⅢ)を連勝後、挑んだラジオたんぱ杯(GⅡ)。新馬戦を勝ったばかりのヴィクトリーを交わしての1着も、タイム差なし。
(皐月賞のエントリーでも、このレースのレベルは高いと書きましたし、実際、ヴィクトリーは皐月賞馬になりましたから、単に素質が高かったで済ませてもいいんですが・・・)

では、「東京コースに替わって」どうかですが、確かに不器用なレース振りは小回り・中山よりは府中が向くでしょう。
東京コース・2戦2勝(重賞で)の内容は、フライングアップルに0.1秒差とダイレクトキャッチに0.0秒差のタイム差だけなら辛勝です。
強い馬は、着差に関わらずどんな形でも勝つんでしょうが、この相手ですからブッちぎってれば、ですけど、暴力的な強さは感じません。
言い方を変えれば、展開面はともあれ皐月賞で万全の状態に疑問符が残り、しかもテン乗りのヴィクトリーをハナ・ハナの差とは言え交わせなかったのは事実です。

今年のG1シリーズ・スタート時のアンカツJKは絶好調でしたが、先週のオークスのダイワスカーレットの回避など、若干、運にも見放されている感も否めませんしね。

「迎え撃つ」体勢に見えつつ、本音は「後がない」、追い込まれた状況に見えなくもないんですが、本人のみぞ知る事実は解りようがないですしね。


FC2ブログランキング ←ランキングUPのため、応援クリック、お願いします。

あと、追い切りの写真で気になったのが、左後脚・裏筋のバンデージの下の白い「湿布」様の貼り物。(日刊スポーツ終面で確認できます)

1番人気のアラを探せ的な言い回しかもしれませんが、世間が言うほど「絶対」ではない、と思い、つらつらと書いてみましたが・・・。

陣営の強気度、どこまで信用します??

スポンサーサイト

クリックしてね!FC2ブログランキング 

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bitchparadise.blog60.fc2.com/tb.php/844-d7430db8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。