モットーは★馬中心主義★小倉競馬開催時には、パドック・返し馬情報も配信中
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリックしてね!FC2ブログランキング 

昨日は、完全な馬場の読み違い・・・。ガミに始まって、3タコの結果でした。
悩み多き、今回の 『皐月賞』。騎手も中山に集結してますんで、狙い馬もこちらから。


クリックしてね!←いよいよ牡馬クラシック・皐月賞!応援クリック、お願いします!

予想については、モノ・適性・デキの3本柱で展開するんですが、ことG1に関してはどの陣営も仕上げには抜かりなく、「デキ」云々はこの際無視する方向で。

【中山11R】 皐月賞(G1)

トライアルの弥生賞のラップを見ると、中盤に緩みがあって上りの勝負という完全な瞬発力の差が着順に現れたレース。で、本番もそうかというと、例年、Hペースで緩みなく上りはスピードの持続に長けた馬の台等が目立っている。
今年の皐月賞も、持続力>瞬発力の構図で、スパッと切れる馬よりゴリゴリ押していき、かつそれを持続できる馬のほうをチョイスしたい。

土付かずの4連勝でここに臨む、フサイチホウオー。前走の共同通信杯から間隔を開けてきて、ローテーション的にはマイナス面もあるが、個体の「モノ」的な視点からは世代No.1に異論はないでしょう。枠順のマイナス面を鑑みても、凌駕できる馬体を有しており戴冠に最も近い存在だろう。

ゴリ押しのパワー先行ができる、アサクサキングス。この馬が、ホワイトマズルの傑作といってもいいかもしれません。立ち写真でも、体幹から飛節までの確りしたアウトラインは特筆もの。唯一の敗戦となったラジオ日経賞では、不利もあり度外視。ハナに拘るタイプでもないだけに、逃げ宣言をしたサンツェッペリンに絡む心配はないでしょう。

バタバタの調教となり、精神的な成長が見られなかったヴィクトリーだが、さすが血統馬という馬体でこの中に入っても見劣りはしない。前走、若葉Sでは相手が一枚落ちるにせよ、早め抜け出しから押し切る強い競馬を見せた。揉まれない外枠を引けたものプラス材料だろう。

マイラー体型で距離不安はあるものの、抜群の調教を見せたローレルゲレイロも連下なら。1勝馬ながら、重賞戦線で4着以下になってない臨戦過程を素直に評価したい。
あとは、弥生賞組の2頭。一瞬脚のアドマイヤオーラよりも、前走で3角過ぎから脚を使えたココナッツパンチを上に取りたい。

◎①フサイチホウオー
○⑫アサクサキングス
▲⑱ココナッツパンチ
注⑰ヴィクトリー
△②ローレルゲレイロ
△⑮アドマイヤオーラ


 FC2ブログランキング ←ランキングUPのため、応援クリック、お願いします。

後は、中山から注目馬を。上手く取捨して、皐月の資金稼ぎが出来れば・・・。

【中山2R】 5番ウインスラッシュ・・・芝で大敗もダート向きの体型。気難しさを出さなければ。

【中山3R】 11番フリーアディンション・・・前走は距離不足。1200mダートは適条件。

【中山8R】 13番テラノフォースワン・・・前走から着用のブリンカー効果を考えれば、外枠は好感。相手も、7・8・9番辺りに強弱をつけて。

【中山9R】 9番キャッチータイトル・・・前走は、休み明けと寄られての厳しい展開だった。鞍上・藤田への乗り替りで単騎逃げが叶いそうな今回は好戦必至。


クリックしてね!←皐月賞の穴馬は見つかった?!応援クリック、お願いします!

UPに時間を要してしまい、申し訳ありませんでした。是非とも当てたいG1戦、さらっとは書けなかったですね・・・。

では、今日も頑張りましょう!!

スポンサーサイト

クリックしてね!FC2ブログランキング 

コメント
この記事へのコメント
はじめまして^^

突然のコメント失礼します。

私のサイトで
こちらの記事を紹介させて頂きましたので
ご連絡させて頂きました。

紹介記事は
http://blog.livedoor.jp/keiba_blog1/archives/53722238.html
です。
2007/04/15(日) 09:13 | URL | 競太 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bitchparadise.blog60.fc2.com/tb.php/817-39ff3ad9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2008/06/14(土) 13:19:30 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。