モットーは★馬中心主義★小倉競馬開催時には、パドック・返し馬情報も配信中
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリックしてね!FC2ブログランキング 

パドック情報について、たくさんのご意見を頂きありがとうございました、感謝、感謝です。
逆に、あまりの反響の多さにビックリしました。


クリックしてね!←第一回小倉競馬・開催中!応援クリック、宜しくお願いします!

2週間の開催を終え、ザッとではありますが見返しながら、今後の糧にしようかと・・・。

取り敢えずは、拙い情報に付き合って頂きありがとうございました。「情報の精度」を求めすぎて、少々自身消失気味もなったりしましたが。

全般的には、1週目と2週目の馬場変化の対応にに戸惑いを感じながら、中には拾い物的にブレのないレースも少々あったのは救いだったんですが・・・。

気付いた一番のポイントとしては、「小倉競馬場」でアベレージ・ヒッターになることの難しさですかね。他場成績や近走成績がある意味、邪魔になる部分もあって・・・。
レース結果を見るととても買えたもんじゃないな、と思わせといて、極端な話、人気という邪念を取り除けば、結構、新聞の印のみで馬券買ってる側(人達)とのアドバンテージは築けるような手応えは無きにしも非ず。

要は、アベレージヒッターにならず打点王を狙うようなイメージならいいんじゃないかと・・・。

結果として、向こう正面からゴールまで下り坂が続くという特殊なコース形態も手伝ってか、他場では買えない様な「トモが甘く、流れっぱなしの馬」や「腰だけでなく全身がグダグダの馬」でも走れてるわけですし、常識に囚われてしまうことこそがこのコースに潜む「罠」なんだと思います。

「穴狙い」という決め付けではなく、ただ、「過去歴から来る人気」と「常識」に囚われないことに拘って、残り2週間、現場に臨みたいと思います。
具体的には、「パドック」には大胆さ(無茶苦茶ではないですよ)と「返し馬」には精度、この両面で馬を捉えるという方針で行きたいと思います。

但し、ダート1700mなんかのようにブレっぱなし(笑)、というか掴みどころのない条件もありますんで、情報の過去傾向を見ながら強弱をつけて行かないとですね。


 
FC2ブログランキング←ランキングUPのため、応援クリック、お願いします。

また、週中に簡単な回顧でも書ければと思っています。ただ、傾向も必要ですがいつかやって来る「外差しズブズブの末期馬場」の到来には注意を図ってないと。

繰り返しになりますが、ご意見・ご声援、本当にありがとうございました。

スポンサーサイト

クリックしてね!FC2ブログランキング 

コメント
この記事へのコメント
>サワさん
いつも訪問、ありがとうございます。

返し馬が行われるのが、発走の約10分前(遅いときは、6~7分の場合もありますが…)ですので、それから打ち込み→送信をしています。

なるべく、簡潔に記していますので時間は1~2分後には送信しています。
返し馬の入りが遅れた際やフルゲートのときを除けば、タイムラグを考えても締め切り前に更新されていると思います。
その時間を目安に、再読み込みを行ってみてください。
2007/01/30(火) 10:21 | URL | たかびっち #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bitchparadise.blog60.fc2.com/tb.php/687-f0912258
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。