モットーは★馬中心主義★小倉競馬開催時には、パドック・返し馬情報も配信中
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリックしてね!FC2ブログランキング 

出走馬も確定した木曜日、レースをザッとですが見渡したりしています。
特別レースを眺めてみると、ハンデ戦が多い日曜よりも狙いは土曜でしょうか?
まぁ、ザッとなんで・・・。


クリックしてね!←1日1ポチッ★の皆さんのクリックが励みになります!!

昨日も小倉ダートについて記しましたが、今回もその続編っつーことで・・・。

ポイントを4点、昨日のエントリーに書きましたが、馬券的にどう活かすのか?
について、個人的見解を少々。

「差し・追い込み」の優位性について述べましたが、あくまでも馬券の軸として中心に置くのは、「逃げ・先行」タイプから選択したい。
単勝・複勝回収率という視点で見ると、人気薄の数頭が絡んできた場合、大きく数字を動かしてくるんで、個人的には指標としてあまり参考にしていません。

そこで、参考にするのは連帯率・複勝率のほうです。(あくまでも、参考です)
その、連帯率・複勝率をみると圧倒的に「逃げ・先行」タイプの優位は揺るぎません。



FC2ブログランキング ←今週は、事前予想頑張ります!応援クリック、お願いします。

では、「差し・追い込み」タイプの狙い目は・・・?

すごくアナログ的な言い回しになってしまうんですが、「パワータイプ」<<「器用なタイプ」。
「器用なタイプ」って○○ですって、字面で表現するのは非常に難しいんで(語彙が足りなんでしょう・・・)、この夏の小倉で目に付いた馬に例えるとすれば・・・、「万馬券の使者」ハスフェルもそうなんですが、パドック的にも印象の深いのは「ホエールシャーク」でしょうか。

地方(園田)から再転入後、小倉ダート1700mで500万・1000万条件を連勝。2走とも実馬を見たんですが、牝馬限定の500万条件時はともかく、前走1000万条件でのパドックは牡馬の中に入った横の比較では正直厳しいかな?と言う印象でしたが、レースでは、重馬場の500万条件戦を上回る上がりタイム(3ハロン37.2秒)で、並み居る牡馬を並ぶ間もなく差しきってしまいました。

過去、阪神の未勝利レースで上がり37.3秒で2着という、4番目のポイントに書いた上がりの時計も持ってましたし、小倉でも重馬場で4着とコース適性も見せていました。


さて、ここら辺がヒントで穴馬探しをして見ますか、今週は。

無謀な穴馬じゃなく、「真っ当な」人気の無い馬を探し当てる努力をしてみましょう。
スポンサーサイト

クリックしてね!FC2ブログランキング 

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bitchparadise.blog60.fc2.com/tb.php/369-0c6bf5b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。