モットーは★馬中心主義★小倉競馬開催時には、パドック・返し馬情報も配信中
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリックしてね!FC2ブログランキング 

さて、今週は古馬中距離路線・天皇賞秋が施行、残念ながら3歳馬の参戦はない模様ですが、歴戦の古馬による激戦に期待です。


クリックしてね!←パドックチャレンジに応援のクリック、お願いします!

きちんと真面目路線の予想として、先週の2番煎じを狙った?ラップの分析も進めてはいますが、ここはちょいと穿った見方をした天皇賞考察を少々・・・。

ここに参戦予定メンバーの最大のニュースといえば、アドマイヤムーンのダーレー・ジャパン・ファームへのトレードでしょう。

そのトレードマネーとして、40億円もの巨額が動いています。

しかし、なぜ天皇賞参戦なのか・・・?

報道では、アドマイヤの近藤オーナーの意向で、移籍条件として天皇賞参戦も盛り込んでいたとか。本当にそうなんでしょうか??

日本は、本年度から国際セリ名簿基準(ICS)ブックにおいて、世界で16番目のパート1国へと昇格しました。
これは、何を意味するかというと、日本の国際重賞を勝つとその馬の種馬(肌馬)としての価値が、世界的に認められるということです。

あれだけ反対していたダーレーJFの馬主登録申請を認めた裏には、日本馬主協会連合会の労務・預託委員長、日本中央競馬会運営審議会委員、阪神馬主協会会長を務める近藤オーナーの意見も大いに反映されたことでしょう。

40億円の見返りとしての、天皇賞制覇=パート1国のG1制覇というシナリオが描かれていたら・・・。天皇賞参戦が条件という話も頷けます。
さらに、前年の16着馬で明らかにこの距離はどうよ??のカンパニーがぶっつけで参戦。
奥方の所有馬が、A・ムーンのラビットとなるなら・・・?

戯言はここまでにしときましょう(笑)。尚、上記は全て空想と妄想の果てのフィクションです。


クリックしてね!←パドックチャレンジに応援のクリック、お願いします!

四の五の言おうが言うまいが、アドマイヤムーンが有力馬の一頭には違いありません。

さて、今から真面目に分析を開始するとします(笑)。

スポンサーサイト

クリックしてね!FC2ブログランキング 

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bitchparadise.blog60.fc2.com/tb.php/1114-afec536e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。