モットーは★馬中心主義★小倉競馬開催時には、パドック・返し馬情報も配信中
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリックしてね!FC2ブログランキング 

8月15日、9月1日付の発令として農林水産省はJRAの新理事長に、土川健之(つちかわ・けんじ)氏を充てる人事を発表した。その矢先の、今回の馬インフルエンザ騒動。


クリックしてね!←8月・夏競馬真っ盛り!応援クリック、お願いします!

新理事長誕生の祝福ムードどころか、地方競馬にまで飛び火する始末・・・。

そんな中、仰天ニュースが・・・

「2週連続中止を避けたいJRAは19日に重賞、特別競走に登録した延べ640頭に加え、調教師に今週の一般競走への出走予定馬の聞き取り調査を行う。そのすべての馬を20、21の両日中に簡易キットによる疫学検査を美浦、栗東トレセン、札幌、函館、小倉競馬場の5カ所で実施予定。
そのための簡易キットは「必要量は確保した」(横田貞夫馬事部獣医課長)と検査態勢は整えた。その結果はまとまり次第、発表する方向だが、期日は未定。JRA広報では「出馬投票前には開催の有無を決定したい」としており、23日には開催の有無を決めたい意向だ。

 その一方で、この検査は開催決定の最終判断材料でないことも明らかにした。同課長は「あくまでも1つの要素で、開催決定や出馬投票に直接関係するものではない。簡易キットだけではなく、他の検査も総合的に判断する」と語った。
仮に検査で“陽性”と出た場合でも出馬投票は可能で、調教師会側から強い要望が出ていた出馬投票後の検査についても「やるかやらないか何も決定しない」(JRA広報)。20、21日の検査で陰性の馬が、出馬投票後の検査で急に陽性となった場合、感染拡大をどう防ぐか、20、21日の未検査馬が急きょ出走を希望した場合、JRA側が対応するかも「決定していない」(同)とするなど、あまりにも未確定事項が多く現場の混乱は免れない。」
(某スポーツ紙より)

症状が出ていない、陽性馬(キャリア)の対応すら疑問符が付くなかでのこの発表。

損失は計り知れないとは思うが、こんな曖昧な姿勢でいいのか??


FC2ブログランキング ←ランキングUPのため、応援クリック、お願いします。

カンゼンニチマヨッテシマッタノカ???

小倉開催中の再開に、一縷の望みを託したい気持ちはあるけれど、すっきりしない形での再開はいかがなものかと・・・。

スポンサーサイト

クリックしてね!FC2ブログランキング 

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bitchparadise.blog60.fc2.com/tb.php/1019-e40dc425
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。