モットーは★馬中心主義★小倉競馬開催時には、パドック・返し馬情報も配信中
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリックしてね!FC2ブログランキング 

07年も残すところあと数時間となりました。07年、最後の宴?がそろそろ開宴。
皆さんにとってどんな年だったですか?


クリックしてね!←本日、更新終了です、これまでの応援に感謝しています!

そして、この【びっち’s PARK】も最終の記事更新となりました。

予想→回顧の更新のみならず、現地でのパドック情報・遠征記などなど・・・。いろんなことにチャレンジしましたが、まだまだ本人にとって満たされるものに欠けている感が否めず、更なる刺激や成長を求めての「発展的終了」といった感じです。

ただ、年明けまもなく小倉開催も始まりますし、突発的な更新はあるかもしれません。

敢えてここでは「どこへ?」については書きませんが、新たなことを始め、そして、更なる発展に向け前進していきます。

05年1月から今までの約3年に渡り、数々の御声援や励ましのコメント、大変感謝してます。
本当に有難うございました!!
新たなチャレンジのためここからは旅立ちます。

I’ll be back again.


クリックしてね!FC2ブログランキング 

スポンサーサイト
ブログ最後の予想となった「有馬記念」は大波乱で幕を閉じ、残念ながら有終の美という結末を迎えるには至りませんでした。


クリックしてね!←まもなく更新終了です、これまでの応援に感謝しています!

結果として、この波乱目を予想できる実力はなかった、ということでしょうね。

結果から振り返れば、想定される点は

① 秋のGⅠを連戦してきた馬とそうでない馬の「お釣」の有無の差

人気で飛んだ馬のほとんどが、秋天→JC→有馬のローテーションであり、王道であるはずのこのローテーションが通用しなかった背景には「馬インフルエンザ」問題の余波で、輸送・調整がうまく行かなかったことも一端として考えられます。

勝ったマツリダはJCをスキップ、ダイワ2騎にしてもJCよりは1~2週の余裕のローテでした。

② 特異的な馬場状況で、枠順・隊列が明暗を分けた

全くの先行有利・内枠有利な馬場状況でした。さほど激しいラップも刻まれておらず、要は凡戦の中で全てが向いたのが勝ち馬であった、ということでしょう。
JC組では唯一、ドリームパスポートが惜しい競馬をしました。直線、コーナーで勢いがついた時に前が詰まってしまう不利、それでも、メンバー随一(マツリダと同タイム)の上がりを記録しており、スムーズなら勝ちきるまではなくとも、2~3着なら、という内容でした。

他に挙げれば諸々の要因は推察できますが、大きくはこんなところでしょうか。


FC2ブログランキング ←ランキングUPにご協力頂き、本当にありがとうございました。

しかし、JRAからのお詫び??なのか、クリスマスイブのこの日、プレゼントが・・・

Tシャツ
Golden Live Present 2007 AUTUMN

当選品のなかでも、Wチャンスのような1万名当選の JRA×ユニクロのコラボTですからね。
まぁ、頂けるものは頂いておきましょ。

あと、他に最近送られてきたものは

GCカレンダー
2008 GREEN CHANNEL caiendar

こちらはグリーンチャンネル・オリジナルカレンダー。昨年に続き送ってきました。

愛用させてもらいます(笑)。


クリックしてね!FC2ブログランキング 

びっち’s PARKとしての予想はいよいよ最終回となりました。(記事に関しては、もう少しだけ書きたいと思いますが・・・)。気持ちよく終焉を迎えたいものです。


クリックしてね!←ついに最終週、これまでの応援に感謝しています!

予想以上に、中山の馬場が荒れていませんね。多少、捻りを加えたほうがいいかもです。
(PM0:15追記)

【中山9R】 有馬記念(Grand Prix)

要点を整理して書きたいと思います。ポイントは以下の3つで・・・

① 世代論(古馬vs3歳)と格
② 時計と適性
③ 希望的観測

まず、1点目の世代論についてですが、今年は3歳牝馬の活躍が目立った年でした。その中心となったウオッカが、牝馬としては64年ぶりとなるダービーを制覇。また、その最大のライバルとして存在するダイワスカーレットもG1を3勝するなど、3歳牡馬をはるかに凌ぐ実績を積み重ねて来ました。しかし、古馬一線級牡馬との対決においては、スプリント戦でアストンマーチャンが戴冠した以外は、特筆すべき結果がでていないのも事実。
JC4着のウオッカはどうなの?という意見もあるでしょう。JCは、既報の通りスローの上り勝負、いわゆるウオッカが勝ったダービー的な流れになりました。ウオッカに向いた流れのレースであり、ポップロックとメイショウサムソンには向かない流れの中でさえ、結局、古馬に敵わなかったというのが現実でしょう。

そのJCでポップロックが2着、サムソン3着という着順は今回、逆転する可能性が高いと思います。ペリエの好騎乗で内を縫って2着のポップに対し、ユタカの判断ミス?で大外ぶん回しのサムソン。中山的な一瞬脚(得意技)を使ったポップと瞬発力(得意技以外の技)勝負を仕掛けざるを得なかったサムソン。これが全てです。

遅れてきた大物・ロックドゥカンブですが、南半球産で今回53kgの恵量。前走の菊花賞も鞍上の騎乗ミスでの3着。実質、菊花賞馬の直行と捉えていいと思います。しかし、レベルの高かった牝馬が越せない壁をクリアできるほどのものとは思えません。この秋の一連のレースを見れば、牝馬≧牡馬と思えるほど「春の差」は埋まってきていると思いますが、2kg減の恩恵はやはり遅生まれは不利という判断でしょうし、伸び代がメンバー中1番あったにせよ3着までの評価に留めたいと思います。

ここでは、古馬>3歳という結論。

2点目ですが、「格」を語るということは=「適性」を凌駕した話題をしてしまったということでしょうが、何せ馬場状態悪化となれば遅い時計への適応能力は必要でしょう。

ここで、ロックドゥカンブにまた話が戻りますが、この馬にも2戦目での重馬場勝ちがあります。が、平坦中京での話を、急坂を2回駆け上がる中山に当てはめるのは無理があると思います。また、この中京のレース後にも堀調教師が、「ノメってたんで、あれ以上降ると・・・」とのコメントもありました。

このセクションでは、デルタブルースを取り上げたいと思います。豪州でのG1戦、天皇賞と同じ芝3200mで施行されましたが、今年の春天に比べ7秒以上時計が掛かっています。この時、勝ったデルタは56kg、2着のポップロックは53kgと3kgの斤量差を凌いでいます。
臨戦過程では完全に立場の逆転した両馬ですが、時計の掛かる状況になれば立場が再度入れ替わっても何ら不思議ではありません。

ここでは、デルタ>ポップも有り得るだろうという結論。

3点目は、骨折前にはサムソンをも凌ぐ活躍をして、今年の古馬戦線の中心と目されていたドリームパスポートの復活に期待したいと思います。復帰初戦のJCでは14着と、JC→有馬ローテの馬の中で最も悪い成績でした。しかし、有馬を基点にレースを振り返れば、JCでひと叩きできたことは非常に意義のあることだと思います。前走のパドックでも、(中身は別として)外見は仕上がっていた印象を受けました。叩きつつ必ず走ってくる馬、それが今回ではないとは一概に言えませんし、人気のないうちに先物買いしてこそでしょう。
このトーンの低さが「希望的観測」と言わざるを得ない所以なんですが・・・。

ここでは、ドリパスの変わり身に期待したいという結論。

あれっ?ダイワの2騎は??

ポイントとして取り上げなくとも簡単な結論でしたので、あえて最後に。
サムソンの脚質とレース運びを考慮すれば、この馬が勝つ(と予想した)レースで前の馬はキッチリ掃除しています。ただでさえ、前掛りの馬も多く展開的にこの2騎は消します。

※追記
デルタも先行馬では?というところで言葉足らずでした・・・。
中山2500mは、前述の通り急坂の2回越え+明日の馬場を加味すれば、先行馬には相当なスタミナが要求されると思います。
昨年、3着のダイワメジャーも絶好調だった去年と現状との比較 プラス 雨馬場でのスタミナ合戦という点で×。先行馬ではデルタがこのバーをクリアということを書き加えておきます。

(22日PM11:15

以上から、最終結論ですが・・・

◎①メイショウサムソン
○⑬デルタブルース
▲⑥ポップロック
注②ドリームパスポート
△⑧ロックドゥカンブ


直前の気配を見て、印の入れ替えもあるとは思いますが、この結論の馬券は既に本日購入済です。 

以下に、明日、馬券画像をUPしたいと思います


クリックしてね!FC2ブログランキング 

[貴方の夢、私の夢~有馬記念・馬券UP~]の続きを読む
いよいよ、今年の競馬も今週で終了。ってことは、このブログも最終週となってしまいました。
名残惜しい気はするんですが、小倉開催には「限定復活」もあるかもです??


クリックしてね!←ついに最終週、これまでの応援に感謝しています!

出走ラッシュ・除外ラッシュとなった今週。土曜はさほど食指の動く馬っていないんですよね。

なので、土曜は注目馬だけに留めておきます。

【阪神11R】 ラジオ日経賞

例年に比べ、小粒なメンバーとなりました。休み明けとはいえ、普通に重賞勝ち馬のオリエンタルロックを評価していいんじゃないですか。
平坦巧者のスウェイン産駒のダノンイサオとか、明らかに距離延長がマイナスとなりそうなサダムイダテンとかよりは。あとは、北海道組のランチボックスや芝替りのメイショウクオリア。
関東馬のマイネルファルケだってここなら好勝負できるかもです。

○⑩オリエンタルロック

【中山9R】 クリスマスローズS

雨が降っての消耗戦。なら、ダイワマックワンが何かにやられるんでしょうね。とは言っても、4頭立てとみてます。サクラ、マイネル、そして同馬主のダイワシークレットです。

◎⑥ダイワシークレット

【中京6R】

今までの鞍上の羅列を見れば、ここは勝負掛かりとみていいカイテキネオ。前付けできない馬ですが、持ち時計の裏づけはキチンとありますしね。

◎⑪カイテキネオ

【中山6R】

ハピネスフォーユーからの馬単が妙味。本線で、ミッキーフォルテとフェスティバルイヴを。

◎⑬ハピネスフォーユー


FC2ブログランキング ←ランキングUPにご協力頂き、本当にありがとうございました。

午後にあんま、いいレースがないんで新馬戦にでも期待しますかね。いやいや、明日って休日出勤じゃんかorz・・・

仕事までの時間、小倉競馬場へ出陣してみます。


クリックしてね!FC2ブログランキング 

ひと晩寝たくらいじゃ疲れが完全に癒えてないっすね、だんだんガタが来だしたんでしょうか・・・。予想のほうは、ポイントを絞って書きます。


クリックしてね!←いよいよラスト2週、これまでの応援に感謝しています!

土曜の愛知杯も、◎ディアデラで的中。いよいよ、確変突入か??

【中山11R】 フェアリーS

過去のレースを振り返っても、阪神JFとは違い関東馬優勢。2歳のこの時期に輸送をさせてまで、という位置付けのレースなんでしょうね。
枠順としても外枠<内枠、厳しいレースが展開されるでしょう。馬格もある程度は欲しいところですし、厳しいレース経験がものを言いそうなレースです。要は、スローで強かった馬がコロッと負けてしまってます。あとは、ダート経験馬が決してマイナスになっていないこと、などでしょうか。

狙いは、エーソングフォーです。新馬戦を府中ダートで使って、阪神ダートで未勝利勝ち。馬格も十分で、この2戦の先行力を見れば芝でも前づけできるでしょう。
対抗はまず、ビーチアイドルです。2走前の京都での失速は、出遅れが響いてのもの。小倉への輸送も経験してますし、何より距離短縮なら狙いたい1頭です。

関東馬筆頭はサマーエタニティ。前走は、鞍上の進路取りのミス。明らかに脚を余してました。馬群がさほどバラけないんでまたも、の不安はありますが狙うなら今回でしょう。
人気の一角、メイビリーヴですがスピード能力に長けてはいますが、使ってきたのがマイル戦で初のスプリントには些か不安もあります。

厳しいレースといえば、カンナ賞組も拾っておきます。かつ、枠順を考えれば今回はメジロアリスのほうをチョイスしたいですね。ヒモでコスモグラマラスまで。

マイネレーツェルは、馬格もなく平坦コースのキレが身上でしょう。ここではちょっと・・・。

◎②エーソングフォー
○⑥ビーチアイドル
▲④メジロアリス
注⑫サマーエタニティ
△⑨メイビリーヴ
△⑤コスモグラマラス

【阪神11R】 阪神C

改装後の阪神芝1400mって、サンデー産駒未勝利ですよね。コレがひとつのキーワード。
つまり、キレを活かすために坂下で溜めた脚で加速しても、トップスピードに乗ったときにはレースの大勢が決している、ということです。
人気のスズカフェニックスの昨年のレースがまさにそう。今年も、ヒモあって頭なしです。

本命は、エイシンドーバーです。距離もベストで、阪急杯でこのコースの適性を示しています。昨年の勝ち馬がいながらこちらを選んだ鞍上の期待の高さも伺えます。

ペリエの騎乗停止で乗り変わった2頭は明暗を分けそうです。上に取りたいのは、ドラゴンウエルズのほう。マイル以下の距離での安定感もあってこちらのほうを。

上り馬のブルーメンブラッドが人気ですね。転厩を期に、馬体も増加し馬が変わってきました、が、準G1の様相のここで重賞実績のないこの馬は割引です。
逆に、面白いのは3歳馬の2頭。特に、ローレルゲレイロは中間、チークピーシーズ着用。モロさも同居しますが、嫌われ過ぎの感はあります。

◎⑦エイシンドーバー
○⑪ドラゴンウエルズ
注③ローレルゲレイロ
注⑬マイネルシーガル
注⑰スズカフェニックス
△⑩プリサイスマシーン

【中山7R】

ようやくダートに使ってくれた、スパークキャンドル。勝ち負けに期待。面白いのは、道営から転厩のマサノネバーマイン。

◎⑬スパークキャンドル
○⑨ラッシュストリート
▲⑤スマートファルコン
注④マサノネバーマイン
△⑥アバレダイコ
△⑪レオソリスト


FC2ブログランキング ←ランキングUPにご協力頂き、本当にありがとうございました。

阪神7Rは、ドリームクラウンに期待。相手もそこそこ揃ったんで少点数で決めたい。

なにかあれば、また追記します。では、頑張りましょう!!


クリックしてね!FC2ブログランキング 

「最後っ屁」というわけではないですが、2歳G1連勝と確変継続中です。レースの大局を描くという作業から「レースのイメージ」ができている、いい流れです。


クリックしてね!←いよいよラスト2週、これまでの応援に感謝しています!

明日は重賞も組まれてますが、軽く参加程度に留めて他レースで勝負!

【中京11R】 愛知杯

昨年の勝ち馬・アドマイヤキッスが57kg(昨年56kg)での出走。後方一気のイメージがある馬だが、昨年は先団(道中4番手)からの抜け出しで上りタイムも出走メンバー中8位と「斬れる」レース運びはしていません。今回、乗り替りのアンカツJKが昨年のようなレース運びをすれば、トップハンデとはいえ勝ち負けできるでしょう。

A→Cコース替わりの恩恵を最も受けそうなのが、内枠を引いたシェルズレイ。脚質的にもこの乗り替りはプラスに働きそうです。ただ、頭のイメージは浮かんできません。他馬がやり合ってくれての2・3着、といった感じでしょうか。

今回狙いたいのは、ディアデラノビアです。いつも、足らない瞬発力でのキレ負けとか、スタミナが足らずにバッタリ止まったりというタイプですが、この中途半端さが中京でなら活きそうな字面です。ハンデは57kgと、多少背負わされた感はありますが、ルメールが引き出す新味で相殺できればの頭狙いで。

あとは、ヒモ的な狙いになるんですが、「瞬発力」に秀でていることはさほど武器にはならず、ダラダラ的なスタミナの要素があれば、こなせてしまいそうな気がします。

「スタミナ」の要素は前走、福島の重賞勝ちで見せてはいるものの、脚質的には割引きのアルコセニョーラ。逆に、「瞬発力」で多少マイナスなのがニシノマナムスメ・トップセラー。

◎⑥ディアデラノビア
○④アドマイヤキッス
▲③シェルズレイ
△⑤アルコセニョーラ
△⑧ニシノマナムスメ
△⑩トップセラー


【中京10R】 中京2歳S

昨年のこのレースでのダイワスカーレットとアドマイヤオーラの叩き合いは記憶に新しいところですが、一昨年はメイショウサムソンが制すなどここ2年はクラシックホースを輩出しています。今年、狙いたいのはオーロマイスターです。
前走が見所のある強い勝ち方で、将来性を伺える内容でした。関西馬に強調点を見出せないメンツなら、ここは単なる通過点となっても不思議はないでしょう。

その関西馬を考慮すれば、府中勝ち上がりのダノンバッカスも同様、ここでは狙いが立つ一頭です。ただし、距離延長には些か疑問もあり、2番手評価まで。

シンボリクリスエス産駒の2騎は、小回りで評価を落とします。この2頭の共通点は、阪神での新馬勝ちあがり。今回、坂のアシストもないだけに器用さに欠けるこの産駒は厳しいレースが強いられそうです。

平坦小回りで評価を上げたいのが、グリフィスです。背が低い体型で、前後のコンパスがないだけに器用さを要求される「小回り・コーナー4回」は歓迎のクチ。スケール感はないものの、ローカルなら誤魔化せる範疇の馬です。

人気の一角、ノットアローンですが今回もお客さんの様相です。鍛え方なのか、生まれつきのものなのか、走るフォームに前後のバランスの悪さを感じます。トモの蹴りに対しての前肢の回転がついていってない印象です。曲りなりにもオープンのここでは狙えません。

◎⑦オーロマイスター
○⑧ダノンバッカス
▲⑬グリフィス
注⑥ダンツキッスイ
△⑤ホッカイカンティ
穴③プティマカロン

【阪神7R】 新馬

久々の新馬推奨です。有力馬に遅生まれが多く、消去法ですが・・・(笑)。当然、調教も加味していますけどね。

◎⑤アグネスラナップ
○⑩シャインモーメント

2頭のワイド、若しくは3連複2頭軸で手広く流します。


 FC2ブログランキング ←ランキングUPにご協力頂き、本当にありがとうございました。

阪神9RのさざんかSは、前走、断然の1番人気を裏切ったダノンゴーゴーが仕切り直しの一戦。ゲート難があるだけに、Bコース替わりの今回も前走の再現はあり得る。
G1では惨敗するも、淀みない逃げを打てるマイネブリッツの巻き返しに期待。

明日も、ゴルフに出かけます。では、頑張りましょう!


クリックしてね!FC2ブログランキング 

土曜は本命馬◎が、3着(同着)と5着と差のない結果ながら連には絡めず。
明日は、注目レース2レースと注目馬をチラホラ挙げておきます。


クリックしてね!←残りあと3週、これまでの応援に感謝しています!

朝日杯はスッキリと決まった感じではないですが、一応以下の通りで。

【中山11R】 朝日杯FS

キーワードをあれこれ探してはみたんですが、どれもしっくり来る結論には至らず。
先週の2歳牝馬を見ても、戦前の思惑以上に関西馬>関東馬という序列でした。それと、中山マイルは文字通り「外枠不利」なコース形態。そして、ずば抜けた瞬発力よりも坂下からの一瞬脚で凌げる馬場状態です。

夏の小倉で見た馬とは、幅も出て一変したレッツゴーキリシマ。競馬ブックの立ち写真から、当時とは別馬の印象を受けました。脚元も徐々に良化傾向で、軸にはこの馬を抜擢します。
逆転を考えた時に、一線級との対戦はないものの「無敗」を評価したいエーシンフォワードを筆頭に。先行力+抜け出しの速さ、そして馬体重が増加傾向にあるのも好印象。

関東馬では、2走前のレコード勝ちが光るスズジュピター。前走は、大外回しの2着とやや強引さが目につくレースでしたが、負けて強しの内容でした。が、府中→中山がマイナスになりそうな印象もあって、人気ほどの評価はどうでしょうか。
この馬と人気を2分するアポロドルチェは、実力的には文句なしでしょうが、この枠をどう捉えるか?ですね。唯一の中山勝ちも光るんですがね。

前走、東スポ杯でも本命視したゴスホークケンが、抽選突破+最内枠、そして距離短縮と条件を大幅に上げてきました。スズジュピターとの着順逆転も十分可能と踏みます。
残る一頭は、サブジェクトとスマートギャングで悩んだんですが、枠順の差でスマートギャングを拾います。

関西・重賞勝ちのキャプテントゥーレは、小倉で見たときから「底」が見えてた馬で、「奥の深さ」は感じませんし、このメンツでどうこう言えるとも思えません。

◎③レッツゴーキリシマ
◎⑩エーシンフォワード
▲①ゴスホークケン
注⑭アポロドルチェ
△⑨スズジュピター
▽⑬スマートギャング

【中山12R】 幕張特別

最終レースにはあまり騎乗しないアンカツが、この馬に続戦。勝ち負けの手ごたえを感じているのでしょう。前走3着で人気しそうですが(AM0:00時点で単勝1番人気)、だからと嫌う理由もないですよね。相手は、3歳馬を中心に。

◎④アイリッシュホーク
○②コーナーストーン
▲⑥ミラクルハニー
注①マイネルファブール
△⑧マチカネゲンジ


 FC2ブログランキング ←ランキングUPにご協力頂き、本当にありがとうございました。

阪神メイン・ギャラクシーSは、休み明けながら④スリーアヴェニューを。得意の1200mからひとハロン延長ですが、追走が楽になる分、末脚を溜めれるでしょう。

中京メインのキルシュワッサーも気にはなるんですが、同じ中館騎乗なら最終の③チェリーフォレストか。息切れも考慮すれば、頭で狙いたいのは⑥アーバンストリートのほう。

では、明日も頑張りましょう!!


クリックしてね!FC2ブログランキング 

先週の阪神JFは馬連が的中し、辛くも逃げ切りといった感じでした。今週も、その勢いのままにプラス目指して頑張ります!


クリックしてね!←残りあと3週、これまでの応援に感謝しています!

本日はメイン3鞍を。中京>阪神>中山といった序列です。

【中京11R】 豊明特別

休み明けの前走、チグハグなレースで大きな不利を受けながらも6着に踏みとどまった◎アドマイヤスペースを狙う。細身の牝馬ながら基礎性能は高く、小回り・距離短縮と条件は揃った。あとは鞍上が先手を取ってくれるか、だけ。

人気の一角、○マルカハンニバルは今走、鞍上に中館を起用。元々、キレる馬ではなくここ2走が逃げる競馬で結果を残してきた。この鞍上替りはプラスが大きいだろう。

3番手グループで、大外がどうかのアースクリスハーン、逆に内枠で粘りこめるテイエムアンコールを拾いたい。

◎⑨アドマイヤスペース
○⑤マルカハンニバル
▲⑯アースクリスハーン
注②テイエムアンコール
△④タイセイファイター
△⑮エーシンサーフィン

【阪神11R】 鳴尾記念

3歳牝馬路線のトップクラスが、古馬中距離陣とどこまで張り合えるかが焦点。も、レインダンスは、500万条件時に牡馬を下した以降は牝馬限定戦のみの戦歴。スピードの優劣を競う短距離戦ならともかく、ここはスンナリ勝ち上がりとはいかないだろう。

休み明けのアドマイヤフジが、56kgと別定戦マジックともいえる軽斤。小回りが全く合わず、北海道シリーズでは連敗を喫すも阪神外回りなら格好は付けてくれるだろう。

G1では荷が重かったが、馬体はデキ落ちないエイシンデピュティが次位。

◎⑬アドマイヤフジ
○③エイシンデピュティ
▲⑫ドリームジャーニー
注⑪シルクネクサス
△⑮アドマイヤオーラ
▽⑥レインダンス

【中山11R】 師走S

一応の本命は、フェラーリピサだが、ハンデ戦だけに他馬のデキをみながら。穴で狙いたいのは、マイネルボウノット。

○⑨フェラーリピサ
注⑭マイネルボウノット


 FC2ブログランキング ←ランキングUPにご協力頂き、本当にありがとうございました。

遅くなりましたが、ようやくUPです。

では、頑張りましょう!


クリックしてね!FC2ブログランキング 

本日、所用により、土曜の予想は明日午前中の更新となります。

悪しからずご了承ください。


クリックしてね!FC2ブログランキング 

土曜は、いつもの如く?推奨レースはさほど・・・も、きっちり辻褄合わせてプラス計上。
日曜もキッチリ決めて、ラストまで飛ばしたいと思います。


クリックしてね!←残り4週、これまでの応援に感謝しています!

阪神JFの検討に、相当時間を費やしてしまいました。だから、的中に近づくなんてことはないんですがね・・・。

【阪神11R】 阪神JF(G1)

メディアを始め、万人が「混戦」と思っているってのがオッズに現れてますね。2歳G1ってことで、検討材料としてもさほど多いわけじゃないですからね。

で、何を「予想の軸」にしようかと・・・。これに相当時間が掛かったわけです。要は、先々に示せる「奥の深さ」や「秘めたスケール」は必要ないレースですから。だからと言って、G1レースってことで緩いレースにはならないですし、この時期の牝馬には過酷な条件だと思います。

なので、今回は「ハイペース経験」・「馬格」、プラス、阪神外回りのマイル適性を加味して序列をつけてみます。通常より印が増えるのは止むを得んです。

◎⑭ラルケット
○⑮トールポピー
▲④アロマキャンドル
注⑨レーヴダムール
△⑬カレイジャスミン
△⑤ニシノガーランド
▽②トラストパープル
▽①ヴァリアントレディ

~各馬についての詳細は、明日、時間があればここ以降に追記します~

【阪神1R】

圧倒的一番人気になるであろうココシュニック。血統的にダートでこそ、だろうが、上回れるとすればアドマイヤサクラか。芝では、タル過ぎたがダートで開花できるかも。

【阪神2R】

減量起用のヤマニンブリオンの相手探しだろう。初ブリンカー装着のテイエムエナジーの変わり身に期待。

【中山1R】

性能から推したいのは、ショウナンカザンとサンタナーズギフト。それに、ローレルウェンスとコロネットが続くという構図。クレムリンエッグは脚元次第で。

【中山3R】

人気でもマイネルファルケですよね。狙いは、コスモスパロウとミカヅキカムイか。

【中山12R】

ソコソコのメンツが揃ったスプリント戦。ダノンムロー中心も、大外を引いただけに人気ほどの過信は禁物。レベルの高い3歳牝馬や降級馬もいるだけに、荒れる要素も十分。

◎⑫ダノンムロー
○⑦サウスヒューマー
▲⑤コスモミール
注⑩イーサンラブ
△⑨ゴールドクラウン

【中京3R】

以外に時計の速い、中京ダート。スタミナという要素は若干軽視してもよさそうです。

◎④ジョウノガーベラ
○③ラブリーコンサート

【中京9R】

ここも3R同様、スタミナよりもややスピード寄りの方向で。字面を見ても3歳馬中心でいいでしょう。腰の甘さには目を瞑って。

◎③ギルティストライク
○⑧アドマイヤハート
▲②バンプアップ
注⑥キングアーサー
△⑤クンダリーニ
▽⑩メルシーコバン

【中京11R】

人気になってもサンライズマックスでいいでしょう。開幕2週目を考慮すれば、ハンデ戦でも55kgならタマモサポートには注意したい。


 FC2ブログランキング ←ランキングUPにご協力頂き、本当にありがとうございました。

各場3レースづつ取りあげましたが、ここから取捨していくスタンスでいきたいと思います。

では、明日も頑張りましょうか。


クリックしてね!FC2ブログランキング 

ひとまず2回目の更新です。芝は馬場を見てからってことになりますが、まぁ想定内でしょう。
いよいよ残すところあと4週。勝ちっぱなしの12月となりますように!


クリックしてね!←残り4週、これまでの応援に感謝しています!

阪神の馬場について、明日の馬場を見てからでも遅くはないが、後出しにならないよう先に書いときます。

メディアに「絶好馬場」・「前残り必至」・「スローペース」の文字が躍ってますが、果たして100%そうでしょうか?昨年は、馬場回収もあって長く馬場を休めてからの開幕週競馬。今年は、例年通りの9月以来の馬場で、野芝に洋芝のオーバーシードを施した馬場です。
確かに、改修後のデータは昨年分しかありませんが、それのみを鵜呑みにするのは危険かと思われます。昨年が、ある意味特殊な馬場状態での施行で、今年は昨年の傾向も鑑みつつ、改修以前のデータも加味して馬場読みをするほうがベストだと考えます。

また、阪神では暮れの名物シリーズとなった、「WSJS」が開催されます。ここには、ヘタに手を出さないほうが無難でしょう。□外ジョッキーは、人知を超えた馬の動かし方をするヤツがゴロゴロいますからね。

【中京1R】

出遅れ率100%のドリームザドリームが人気ですか。まぁ、相手も弱いとは思いますが・・・。
それなら、弱くても何らかのプラス要素を持つ馬のほうを取りたいですね。最内で初ブリンカーのコスモザグレートとか、斤量3kg減のランドフロンティアとか、単騎逃げできそうなメイケイクリプトンとか。

【中京9R】

ダート2300mということを考えれば、消去法で足りそうな感じ。条件が向きそうな、マイネルアーバニタとダンシングタイガーを中心に。相手は、マイネルコレドールが筆頭なんでしょうが、ここもコレという馬がいなくて・・・。ならば、逆転の発想で障害帰りのマーベラスチーフとか。

◎⑨マイネルアーバニタ
○⑧ダンシングタイガー
注⑤マイネルコレドール
△④マーベラスチーフ

【中山1R】

実は一番買いたいのはこのレースの、ニシノキセキパワー。オッズ次第ですが、単一本でいける配当なら。いやぁ、明日はここでしょ!って感じなんですが・・・。

◎④ニシノキセキパワー

【中山10R】 葉牡丹賞

芝では底が知れたスパークキャンドルが、まだ人気するようであれば美味しいレースになるでしょうね。中心は、内枠のミステリアスライトとエアキリヤン。中山の急坂以降、戦えるのはこの2頭でしょう。3番手は自己条件戻りのシングンリターンズで。

◎①ミステリアスライト
○③エアキリヤン
▲⑨シングンリターンズ
注②マイネルチャールズ
△⑥キングバード
▽⑧リアルヴィクトリー

【中山11R】 ステイヤーズS

トウカイトリック、メンツ落ちでしょうがないでしょうね。食指はあまり動きませんが・・・。
エーシンダードマンは、えらく売れてますが大丈夫でしょうか?バテない強みはあるんでしょうが、ここで勝ち負けかというと?休み明けでもアドマイヤモナーク、ハンデ頭のネヴァブション辺りでお茶を濁しときます。

○⑥トウカイトリック
▲②アドマイヤモナーク
注⑪ネヴァブション


【阪神3R】

デビルズコーナーの相手探ししかないでしょう。確り馬を観て見極めたいが、ウィキッドウインドとマッキーサマンサが相手候補筆頭。

◎⑦デビルズコーナー
注⑤マッキーサマンサ
△③ウィキッドウインド

【阪神7R】 新馬戦

先ほどの中山1Rが「一番買いたいレース」なら、このレースは「最も注目したいレース」。
ビリーヴ仔 VS ダメジャ・ダイスカ妹、どっちも飛ぶようなことがあれば凄いオッズになるんでしょうね・・・。

ファリダットの1月生まれに対して、ブーケは5月末生まれ。後者は使ってからと考えるのが妥当かもです。

【阪神10R】 千両賞

新馬戦でちょいスケールを見せた、ダノンゴーゴーを負かすのがいるのか?が焦点。一応、「函館の大物」をソデにして藤田が選んだ、イイデシンゲンを。
もう一頭は、知れてるミゼリコルテよりパスキエ騎乗のロードバリオス。若きフランスの名手が、この馬を御せれば好勝負も可能な器。

◎⑩ダノンゴーゴー
▲⑫イイデシンゲン
注②ロードバリオス
▽③エイブルベガ


 FC2ブログランキング ←ランキングUPにご協力頂き、本当にありがとうございました。

とりあえずここまでで。他はあまりピンと来ませんでしたので、阪神JFの考察にでも取り掛かるとします。

では、今日も頑張りましょう!


クリックしてね!FC2ブログランキング 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。