モットーは★馬中心主義★小倉競馬開催時には、パドック・返し馬情報も配信中
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリックしてね!FC2ブログランキング 

木曜にして、ようやく落ち着いてPCに向かうことができました。っていっても、この時間になってしまってるんですけどね。しかし、わずかな時間を見繕って検討は進めてた??


クリックしてね!←パドックチャレンジに応援のクリック、お願いします!

とりあえず、過去の「エリ女」の傾向だけ纏まりましたので、UPしておきます。
その中に、このレースの「カギ」となる?ヒントを発見!

過去5年をサンプルとし、タイム(ラップ・ペース・上り)とレースVTRを参考にしています。
(検証したタイムについては、記述せず省力させてもらいます)

02年 Mペース 勝ち馬ファインモーション(瞬発力戦
03年 Hペース 勝ち馬アドマイヤグルーヴ(消耗戦
04年 Mペース 勝ち馬   〃     (瞬発力戦
05年 Mペース 勝ち馬スイープトウショウ(瞬発力戦
06年 Hペース 勝ち馬カワカミプリンセス(瞬発力戦
(繰り上がり1着 フサイチパンドラ)

03・06年がHペース、03年のみが消耗戦となってます。
ここで、03年のレースを振り返ると、スマイルトゥモローとメイショウバトラーが大逃げをうったレースで、2頭が馬群を離して逃げて直線バテてしまった、ある意味異質のレースになってます。

それを除く4レースは、ペースに関わらず何れも瞬発力勝負になってます。

06年のレースも、03年同様、シェルズレイとライラプスが離し逃げをしているんですが、この2頭を無視すると馬群を引っ張っていたのは紛れもなく、アサヒライジングでした。
要は、この2頭が偽りのHペース・ラップを刻んだだけで、実はアサヒがペースメーカーとなったMペースのレースであったことがVTRからも判ります。

この06年のレースから、「ペースメーカー」というヒントにたどり着きました。同様に、02・04・05年のレースのVTRを見ると、其々にペースメーカーの存在を発見しました。
ここでいうペースメーカーは、≠逃げ馬であって、本当の意味での「レースを作った」馬の存在があったということです。

02年 ファインモーション(1着)
04年 オースミハルカ  (2着)
05年   〃        (2着)
06年 アサヒライジング (4着)

06年はHペースが堪え4着に敗退しているものの、他の3頭は全て連対しています。

つまり、一つ目のキーワードとして「ペースメーカーを探す」ことが浮かび上がってきました。

そして、レースの勝ち馬を検証していくと、瞬発力勝負ながら「直線だけの」瞬発力を見せた馬では勝てないことが判ります。
レースが一番動いた地点を見てみると、3コーナー前後、要は1000~800mか800~600mからのロングスパート。さらに、直線では先頭から最低でも3~4馬身圏内にいないと勝ち負けにならないレースとなってます。

外回りの2200mということで差し有利といわれていますが、以上の条件を満たさない差し馬は差して届かずが定番となっています。このレースの特性として、連続好走が多いのはこの辺りが関係しているんじゃないでしょうか?

「勝ち馬」・「馬券の軸」が薄っすらながら、見えてきたような気がします。続きは、後日に・・・。


FC2ブログランキング ←ランキングUPのため、応援クリック、お願いします。

さて、ようやくUPできる先週の馬券を・・・

【福島10R】 福島2歳S

07.11.04福島10R

ここは、小倉2歳を勝ったマルブツイースターがいたから参加した、というようなレースで。
そのマルブツと1番人気ダイワマックワンが、荒れてきた福島芝なら何かに出し抜かれるだろうと発想だけでした(苦笑)。
3連単・2万馬券を4点買いでしとめたレースではあったんですが、馬単を馬連で買っていたなら「キレイ」な馬券だったんですけどね・・・。

贅沢は敵、でしょうか。


クリックしてね!←パドックチャレンジに応援のクリック、お願いします!

日曜の京都8R(ダート1800m)には、久々に鞍上に岩田JKを配したアルヴィスが中一週で出走、今回は、結構、坂路でいい時計を出しています。

51秒6-38秒0-25秒0-12秒5 ≪栗東坂路・梢重≫助手・一杯に追う
(水曜坂路の8位タイのタイム)

500万条件を勝った際にも鞍上だった岩田JKが2度目の騎乗。しかも、前走(10月27日)同レースで3着のムーンレスナイトではなく、アルヴィスへ。

前走以上の走りを期待しています。


クリックしてね!FC2ブログランキング 

スポンサーサイト

馬インフルエンザ騒動の終息を待たずして、開催を再開することとなった今週。
馬券的には怖い半面、現場でしか活かせない強みを馬券にフィードバックできる楽しみも・・・


クリックしてね!←夏の小倉も残り2週!応援クリック、お願いします!

いつもは入念な事前予想の上、臨むパドックではあるが・・・

インフル騒動渦中にある今週と来週の馬券は、適性・モノよりもデキ・調子を最重視して馬券を作っていこうかと思います。

陰性・陽性に関わらず、中間、熱発していた馬も相当数いて、また、出馬登録以降にウイルスが陽性化した馬もいるはずです。
出走取り消しになる馬も出てくるでしょうが、今週・来週は一貫して「現場至上主義」で生きたいと思います。


FC2ブログランキング ←ランキングUPのため、応援クリック、お願いします。

1・2R、そしてひまわり賞と4Rの1000m戦。ここらで勝負できたらと思ってます。

週末の【びっち’s PARK】に乞うご期待!(でも、馬券は自己責任で・・・笑)



クリックしてね!FC2ブログランキング 

夜のうちに結構な雨が降ったようで、小倉の本日中の馬場回復は難しそうです。
相変わらず、時折、強風も吹いての荒天模様の「開幕初日」を迎えることとなります。


クリックしてね!←いよいよ夏の小倉開催スタート!応援クリック、お願いします!

今日から、開催中例の如く「パドック情報」をこちらで配信します。

但し、午前中は馬場見に徹したほうが良さそうですね・・・。状況によっては、全レース配信(特に未勝利戦)は行わないかもしれません。


手数を出して、「絨毯爆撃」よりも「ピンポイント攻撃」のほうがいいでしょう。
なんとか、それに見合うレースを見つけていきましょう!


FC2ブログランキング ←ランキングUPのため、応援クリック、お願いします。

「パドック情報」をご覧の際は、ランキングバナーのクリックをお願いします。

では、本日も頑張りましょう!

クリックしてね!FC2ブログランキング 

今週の重賞レースは2鞍。夏競馬の開幕を告げる短距離戦といえば、函館SSですよね。
今年も、3歳馬2頭が参戦し、群雄割拠の混戦模様。さて、少しかじってみますか・・・。


クリックしてね!←待ってました、夏競馬!応援クリック、お願いします!

下に各馬の最高持ちタイム(過去2年以内)を示して見ました。(上りタイムは、そのレースにおける各馬の上りタイム)
そして、そのレースの開催場所と条件。これで見えてくるのものは??

函館SS

ちなみに月曜のエントリーでも書きましたが、昨年と今開催の函館1200mのタイムは・・・

◆ 芝・1200m ◆ (何れも開催1~4日目までのデータ)

06年の500万条件での平均勝ちタイム 1.10.5 最速上り3ハロン平均 35.6
(6レース施行・最速勝ちタイム 1.10.1)

07年の500万条件での平均勝ちタイム 1.09.5 最速上り3ハロン平均 34.7
(4レース施行・最速勝ちタイム 1.08.7)

06年の1000万条件での平均勝ちタイム 1.10.5 最速上り3ハロン平均 35.8
(2レース施行・最速勝ちタイム 1.10.1)

07年の1000万条件での平均勝ちタイム 1.09.2 最速上り3ハロン平均 34.6
(2レース施行・最速勝ちタイム 1.09.1)

また、過去3年の同レースの勝ちタイムは、1.09.1(04年)・1.09.0(05年)・1.09.4(06年) 
勝ち馬の上りタイムは、35.5(04年)・35.3(05年)・33.9(06年)となっています。

先行抜け出しでシーイズトウショウが勝った04・05年は、ほぼ同タイムでの決着。
ビーナスラインが直線一気を決めた昨年は、上りは当然速いタイムですが、全体の時計は平凡でした。ハイペースで追い込みだったかというと、実はそうではなく、テンの3ハロンは過去3年で一番遅いタイムでした。


FC2ブログランキング ←ランキングUPのため、応援クリック、お願いします。

当日の馬場状態も判らないなかで、結論を出すのは早急だと思いますんで、事前予習としての各馬のパフォーマンス分析はこのへんで・・・。

良馬場での施行と仮定した際、1.08.0前後の争いになると思われる今年のレース。
貴方なら、この結果からどう判断しますか??


クリックしてね!FC2ブログランキング 

週の真ん中、水曜日。って、年がバレそうなベタな書き出しですが・・・(苦笑)。
気付けば、春のG1シリーズも残すところあと2戦。最後もいっそのこと荒れてくださいな。


クリックしてね!←びっち指数、安田もいきます!応援クリック、お願いします!

レース的なアイディアを出すことなく、取り敢えずボーっと調教VTRを見てました。

目についた分だけ、つらつらと・・・

◆ 香港馬

エイブルワンとザデュークは府中芝コース、グッドババとジョイフルウイナーはダートでダグ踏んだだけの調整。
時計どおり、エイブルワンは手先の強さが目に付いた。若干頭の高い傾向はあるが、府中の坂は苦にしないだろう。
ダグの2頭は、グッドババの馬体気配が昨年3着のジョイフルウイナーを凌いでいた。トモ量も十分で1発があるならこちらか。

◆ プラス評価

スズカフェニックスは直線、バカづいた?と思ったら落馬したと思われる人を避けただけ。ラストも確りと脚を伸ばした。あとは、休み明けで息が持つか。
マイネルスケルッツィはスピード感ある攻め馬で、好調アピール。人気で凡走、人気落ちで好走と掴み辛い馬だが、今回は上昇気配と捉えてもいいだろう。
エアシェイディも四肢の回転が速い走りで、反応鋭い。好調も、出遅れは懸念材料。
キストゥヘブンは単走でラチ沿いを走行したため、脚取りは見えにくいものの好調キープ。
コンゴーリキシオーはレコードの反動も心配ないか。展開的には厳しいが・・・。

◆ マイナス評価

シンボリエスケープを惑星と評価したかったが、前肢を叩きつける走りでフットワークもぎこちなくスムーズさを欠いた。これでは・・・。
オレハマッテルゼは、全体のタイムは悪くはないもののラストで失速気味。今回は?
サクラメガワンダーも、前肢を叩く走法。時計が速くなると辛いか。
アドマイヤキッスは楽走で直線のみ追う。G1の調教にしては軽すぎの感も。

◆ ???

ダイワメジャーは併走馬をあおる勢いで直線向くも、伸びはさほどでもなく。評価は難しい。

ザッとこんな感じでしょうか。まぁ、攻め馬はあくまでも攻め馬。本番に繋がるかどうかは別として、人気馬が休み明けとかなんで、疑ってかかるのも今回はありかも。


FC2ブログランキング ←ランキングUPのため、応援クリック、お願いします。

あと、ユニコーンSに登録済みのアルヴィスの近況は、

30日は栗東CWコースで3頭併せ。「ここまで問題なく来ています。調教では非常にいい感じなんですよ。乗り手の川田騎手も『調教とレースで違う』と首を捻っていました。ただ、状態がいいのは間違いないので、期待したいですね。まずは抽選突破に期待します」(角居師)6月2日の東京競馬(ユニコーンS・ダ1600m)に川田騎手で出走予定。除外の際は選出されている6月13日の公営・川崎競馬(関東オークス・ダ2100m)に向かう公算が高い。

出走レースの決定は、明日、15時ごろの発表を待つとして変わり身に期待したいところです。


クリックしてね!FC2ブログランキング 

皐月賞で思わぬ??取りこぼしをした、安藤勝・フサイチホウオー。当初から、「ダービーこそ」みたいな発言もありましたが、皐月賞のあの競馬は「取りこぼし」に近いもんでしょう。


クリックしてね!←びっち指数、その威力は如何に??応援クリック、お願いします!

前走後、松国調教師はアンカツの騎乗ぶりに少々、おかんむりだったそう・・・。
いや、それ以上に怒り心頭だったのは、○藤オーナーに他ならないとは思いますが(笑)。

このダービーWeekの週中に感じ取れる、アンカツJKのとてつもないモチベーションの高さ。
追い切り後の共同会見においても、「自信あり」の連発!その他にも、「1番人気上等」的な言葉や、「東京コースなら」など牽制以上の発言が、“いつになく”目につきます。

そのなかでも気になるのは、「もうひとつエンジンがある」発言。エンジンというより、もう一速「高ギア」が隠れてるという意味だったんでしょうが、皐月賞以上の末脚を繰り出す(繰り出せる)つもりなのか・・・。
捉え方は様々あると思います。が、そこまで才能の「突出」した化け物なんでしょうか?

思いっきり穿った見方になりますが、新馬戦→東スポ杯(GⅢ)を連勝後、挑んだラジオたんぱ杯(GⅡ)。新馬戦を勝ったばかりのヴィクトリーを交わしての1着も、タイム差なし。
(皐月賞のエントリーでも、このレースのレベルは高いと書きましたし、実際、ヴィクトリーは皐月賞馬になりましたから、単に素質が高かったで済ませてもいいんですが・・・)

では、「東京コースに替わって」どうかですが、確かに不器用なレース振りは小回り・中山よりは府中が向くでしょう。
東京コース・2戦2勝(重賞で)の内容は、フライングアップルに0.1秒差とダイレクトキャッチに0.0秒差のタイム差だけなら辛勝です。
強い馬は、着差に関わらずどんな形でも勝つんでしょうが、この相手ですからブッちぎってれば、ですけど、暴力的な強さは感じません。
言い方を変えれば、展開面はともあれ皐月賞で万全の状態に疑問符が残り、しかもテン乗りのヴィクトリーをハナ・ハナの差とは言え交わせなかったのは事実です。

今年のG1シリーズ・スタート時のアンカツJKは絶好調でしたが、先週のオークスのダイワスカーレットの回避など、若干、運にも見放されている感も否めませんしね。

「迎え撃つ」体勢に見えつつ、本音は「後がない」、追い込まれた状況に見えなくもないんですが、本人のみぞ知る事実は解りようがないですしね。


FC2ブログランキング ←ランキングUPのため、応援クリック、お願いします。

あと、追い切りの写真で気になったのが、左後脚・裏筋のバンデージの下の白い「湿布」様の貼り物。(日刊スポーツ終面で確認できます)

1番人気のアラを探せ的な言い回しかもしれませんが、世間が言うほど「絶対」ではない、と思い、つらつらと書いてみましたが・・・。

陣営の強気度、どこまで信用します??


クリックしてね!FC2ブログランキング 

新潟組が良く見えたなぁ~。

特に、⑩マイネルレーニアって思ったよりもいい馬で。評価を上げたいと思います。

あと、⑥マイニングゴールドが使われてる割に、好馬体をキープしてますね。
逆に、⑫アドマイヤヘッドはあまり見せませんでしたね。

⑬サンダーアロングはまだ太いんでここではどうかな?
③シベリアンクラシカも、穴評価まで。


クリックしてね!FC2ブログランキング 

クラシックに直結するか?というと疑問符がつくものの、ここを勝った馬に、オ-クス馬・ウメノファイバーやダートG1馬のブルーコンコルドなどが名を連ねています。


クリックしてね!←ランキング陥落中・・・応援クリック、宜しくお願いします!!

◎⑫アドマイヤヘッドはレベルの高い札幌2歳Sの2着馬。雨で少し時計が掛かり、外差しの効きだした馬場も合う。中心で。○⑦ゴールドアグリは新潟2歳S自体のレベルが疑問で軽視したかったが、この馬場なら。注⑬サンダーアロングは未勝利勝ちの前走が強い競馬を見せた。好枠を引き、上位争いの一角。穴で狙いたいのが、③シベリアンクラシカ。溜める競馬を見せれば面白い。

◎⑫アドマイヤヘッド
○⑦ゴールドアグリ
注⑬サンダーアロング
穴③シベリアンクラシカ


クリックしてね!FC2ブログランキング 

菊花賞の最終買い目決定で、レースすらまともに見れませんでしたが・・・。
ゴール前、3着に差し返した、注③トラストスターが粘りこむのはキッチリ見てました。


FC2ブログランキング ←菊花賞馬はどの馬に?!応援クリック、お願いします。

10.22東京11R

払い戻しの確認もソコソコに、G1出走と相成ったわけで・・・。

ダブルA指定にまでしようと考えたこのレース。ガツンといってもよかったが・・・。
当たれば官軍でよろしいですよね。

前日の予感どおり、今週はキッチリ勝ちにまわれ連勝モード突入!って、なりたいな。



クリックしてね!FC2ブログランキング 

勝負レースのA指定レース。ただ、近況芳しくなかったんでタマを落としての勝負に。
パドックチェックで、6・10・11・3番の4頭立てと結論付け。


クリックしてね!←ランキング陥落中・・・応援クリック、宜しくお願いします!!

10.22京都9R

◎6番と△10番の返し馬が目立ったため、3連複はこの2頭から。
確定を見て、「ここまでつくかぁ??」。
これなら、3連複の1本釣りでよかったのに・・・(苦笑)。

1・2・4着の押さえ馬券もあったんで、馬券の作り方的にはギリギリ及第点でしょうか。

ともかく、菊に向けて弾みがついたか?


クリックしてね!FC2ブログランキング 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。