モットーは★馬中心主義★小倉競馬開催時には、パドック・返し馬情報も配信中
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリックしてね!FC2ブログランキング 

はい、相も変わらずの月末進行です。に加え、最近は帰宅後のプチ・トレーニングで結構、くたっとモード。いやはや疲れます・・・。


クリックしてね!←パドックチャレンジに応援のクリック、お願いします!

先週は、土日共にA・B指定レースがなかったように、勝負したいレースが見つかりませんでした。まぁ、強いていえば「天皇賞」のみだったんですが・・・。

事前予想のほうは、前日の道悪から想定タイムを「2分1秒前後」と読んだ時点で意味なし。
急激な馬場の回復に加え、突如とした前残り馬場に変貌し、「わけわからん」(苦笑)。

グリーンチャンネルで1番メイショウサムソンが映し出された瞬間に、「こりゃ勝つわ」と確信に近い感覚を覚えました。休み明けを思わせないデキのよさと、一枚上のオーラを感じました。

対するアドマイヤムーンは、調整ミスでもあったんでしょうか?宝塚記念の時のデキには到底達してない印象でした。(これだけ時計も速ければ・・・もありでしょう)
レース後のコメントでは、岩田騎手が斜行による不利を語ってましたが、不利がなくとも掲示板が精一杯だったように思えました。

ダイワメジャーも、叩いた割には上昇ムードはさほど感じられませんでした。一時期の、他馬を圧倒するようなオーラも感じませんでしたし・・・。年齢的なものも多少あるのかも、です。

ポップロックはいたって好調、という印象。勝ち負けというよりは、2・3着は固かろう的なパドックの印象でした。ペリエも前付けを示唆していましたし・・・。
しかし、前半の行きっぷりの悪さが全てでしたね。この馬には、2000mのペースが合っていないようでしたね。大勢決してから、末脚を発揮しても、後の祭り。

こう書いたら、どの馬券で勝負したかも凡そ見当がつくと思いますが、1番・15番から勝負したものの、1着・4着と最悪の結果に。

9番のアグネスアークは、返し馬が抜群に動きましたね。ペリエ、せめて3ちゃ・・・(以下略)。


FC2ブログランキング ←ランキングUPのため、応援クリック、お願いします。

ここ2日での印象ですが、A・B指定がない場合は、午前の勝負もありだな・・・と。
さっさと勝負を決めて、午後は違うことでもして過ごしたほうがいいみたいです。

あと、ちょいと回顧についても方針を変えようと思案中です。それはまた後ほど・・・。
さぁ、明日は月末最終日!そろそろ寝よっと・・・。


クリックしてね!FC2ブログランキング 

スポンサーサイト

胸躍る愛馬の重賞初出走となった、地方交流重賞「第43回関東オークス(JpnⅡ)」。
ここまでの勝鞍は、何れも1200mということで距離不安との戦いとなったわけだが・・・


クリックしてね!←重賞3着と頑張った、アルヴィス!労いのクリック、お願いします!

近走はゲートの不安も解消し、前走の芝レースでは行きっぷりも良くなってここへ。

好発を決め、さほど押していく素振りもなく3番手追走。掛かる心配のない馬だけに、あとは懸念の距離のみがどうかだけ。
1馬人気のホワイトメロディの3角捲りで先団一蹴し、最終4コーナーでは4番手に落ち、直線では2着入線のケアレスウィスパーから被せられ、「ここまでか・・・」と思わせるも、しぶとく伸びて3着確保!

上位2頭には離された3着入線も、距離適性・展開を考えれば大健闘の3着といえるでしょう。

関東オークス 結果・レースリプレイはこちらから
            ↓↓
第43回 関東オークスJpnII
(クリックで、nankankeiba.comへJumpします)

そして、馬券のほうも・・・

関東オークス

◎→○→★で馬連・馬単・3連複的中!!
(最後の買い目の馬単BOXは3連単にしとけよ~、はご愛嬌っつーことで・・・)


FC2ブログランキング ←ランキングUPのため、応援クリック、お願いします。

非常に厳しい戦いを強いられると解っていただけに、嬉しさもひとしおです。

また、2100mを何とかこなしてくれ、今後に楽しみも広がりました。


クリックしてね!FC2ブログランキング 

実馬券では勝負を避けた「安田記念」ですが、指数読みではある傾向が読み取れました。
「Dual Index」ならではの展開読み。では、早速振り返ってみましょう。


クリックしてね!←待望の函館開催まであと2週!応援クリック、お願いします!

事前予想では、数字に反映できない香港馬もいて、ハイペースで予想をしたものの・・・

α 指数上位3頭               β 指数上位3頭

1位 ダイワメジャー         1位 スズカフェニックス
2位 スズカフェニックス        2位 ダイワメジャー
3位 コンゴウリキシオー      3位 コンゴウリキシオー

両指数を見ても、この3頭が抜けていて(4位との差は15以上)、上位争いは必至だということがわかります。
ただ、ここでT>Aの数値に注目してもらいたいんですが、

T>A値

ダイワメジャー     1.3
スズカフェニックス    -2.3
コンゴウリキシオー   1.4

スズカフェニックスのみがマイナスの数値を示していています。つまりこれは、最大のパフォーマンス値を示す展開が異なっていることを表します。
これは、レース振りを見ても一目瞭然ですが、先行して長くいい脚を使える(T>Aの数値がさほど高くないが、α指数が高い)ダイワ・コンゴウに対し、差しにベクトルの偏ったスズカ。この3頭の両立は、いくら指数上位とは言え多少、無理があることも指数から読み取れます。

このコンゴウ・ダイワの作り出す流れでどの馬が台等するかというと、このペースで脚を使わされず、末脚を活かせる馬ということになるでしょう。

これは、指数上位馬というより、T<Aの数値。つまり、最大パフォーマンスが差し・追い込みにベクトルが偏った馬をピックアップすればいいということになります。

T<A値

1位 ジョリーダンス   6.3
2位 ディアデラノビア   6.1 
3位 エアシェイディ   5.9
・・・
8位 スズカフェニックス 2.3

図らずも、このレース3着だった18番ジョリーダンスがT<A値1位となってます。
流れをきっちり読みきれていれば、今年の安田記念の的中は、さほど難解ではなかったことが、指数上では示すことが出来ました。


FC2ブログランキング ←ランキングUPのため、応援クリック、お願いします。

後出しではありますが、「びっち指数」の具体的な読み方(αβ指数それぞれの特徴)と、それらの指数値を示す際のベクトルの偏り値(T>AT<A)の持つ意味が、多少なりとも理解できるようなサンプルレースだったと思います。

この指数に関しては「オレ指数」のおいどん師匠にでもご意見賜りたいところですが・・・。
もし、読んでくれてたらご意見お願いします。(オリジナル指数の元祖?ですからね)
また、「びっち指数」にご意見・ご質問があれば、コメント欄にお願いします!


クリックしてね!FC2ブログランキング 

オッズ的にも、混戦を匂わす今年の皐月賞。牡馬1冠目の栄冠に輝いたのは、G1139連敗中の田中勝春鞍上のヴィクトリーでした。


クリックしてね!←G1は一休み、もレースは続くよ!応援クリック、お願いします!

VICTORY
VICTORY is Victory at 67th SATSUKI-sho  ©JRA

レースは大方の予想通り、ヴィクトリー・サンツェッペリンが引っ張る流れで始まり、前半1000m・59.4秒と、ペースは早くもなく遅くもない淡々とした流れ。
その後も緩むことなく流れ、前の隊列は崩れることなくワンツーフィニッシュ。後方から剛脚で追い込んだフサイチホウオーが詰め寄るも3着まで。

予想において読み違いはなかった。持続力が要求されるレースになり、前残りもアリアリ。
まして、パワー方の先行馬ということで、痛恨の無印だったがサンツェッペリンの特徴も示唆できてはいた。前走、差しの競馬を試みたサンツェッペリンに対し、周囲に「皐月ではサニーブライアンの再来となる」と公言していただけに、無印はどうかと・・・。

また、レースレベルの見立てとして、弥生賞<ラジオNIKKEI杯と読んで、アドマイヤを軽視したまでは良かったが、惑星or罠と最後の最後までなやんだココナッツを買ってちゃ・・・。
ココナッツがダメというわけでなく、このペースと読んだなら好走の確率は限りなく低かったはず。温いレース経験しかないというのは大きかったですね。
そして、◎フサイチに勝てるなら注ヴィクトリーとまで馬券に反映させときながら・・・。

そして、最大のヒントは9R・野島崎特別。前残りのレースとなったこのレースで、脚を計るかのように差しきった安藤勝騎乗のブレーヴハート。
持続力のある先行馬+上り性能のある差し馬の構図が繰り返されたなら、3連複には完全に手が届いていたはずなのに、馬券的な詰めの甘さを露呈してしまった・・・。


FC2ブログランキング ←ランキングUPのため、応援クリック、お願いします。

後悔しても後の祭りだけど、書き記すことで経験値となって蓄積され糧となって、今後にフィードバックしていかなければ・・・です。

強い馬が必ず勝つのも競馬、そして強い馬でも負けるのが競馬。そのレースやコース毎の特徴、展開、力関係とそして適性。色んなものを組み合わせること、億劫がらずきちんとしたステップを順次踏んでいくこと(どの要素が大きいのかは、各々異なるわけですが)。

改めて予想することの難しさ、そして馬券に反映させることの難しさを考えさせられる今年の皐月賞でした。


クリックしてね!FC2ブログランキング 

さしたる回顧もできない(馬場状態の読み違いで、想定とは違ったレースになってしまったんで)1日でしたんで、春のマイル戦に繋がる(であろう)重賞の回顧編で。


クリックしてね!←G1は一休み、もレースは続くよ!応援クリック、お願いします!

誰に確かめるわけでもなく、今週が春の阪神開催の最終週!!ですよね・・・。

【阪神11R】 マイラーズC

ここは、春の安田記念・ヴィクトリアMのステップという位置付け。叩き台に終始する馬と、本番のために賞金を加算しておきたい馬が混在するのは、至極当然。

良馬場発表でも、全幅の信頼は置けないJRAの発表。午前の勝ち時計と実際のレースで判断するしかないか・・・と。

最終週なのに異常な前残り馬場は明らか。あれれ、普通にズブズブになってないし・・・。
そういえば、冬の小倉開催も通常より時計ひとつは速い、夏並みの超高速馬場で、恒例の外差し祭りにはならない馬場状態だった。
こりゃ、競馬ファンに伝えることなく芝種の配合を変えたのか、温暖化での育成のせいか。

ならばと、過去歴でも○ローエンでしょう、な馬券。当然、コンゴーも行きたい口だが、前走の中京記念同様、早めに被されれば馬券的には一枚もいらない馬に成り下がるのは明白。
事前予想と違ったのは、全キリのはずだった牝馬勢からスィープトウショウを加え、-14kgと馬体減(モニターでも細く見えた)の▲エアシェイディを馬券から外し、○からの勝負。

も、単騎逃げの形になりゃ、そりゃ強いわなコンゴー。と、負け惜しみに近いレース結果も、『レコードでの逃げ切り』で平坦巧者が勝つとは・・・。
しかも、斤量58kgをしょって後続を完封ですよ!!
レコード決着なんで、レースラップも一見緩んでないように見えるんですが、残り400~200mのひとハロンが10.7秒!!
坂があるのにこのラップってのは、(全体の走破タイムはこの際、無視してもらって)完全に中間が緩んで上がりの勝負にはずなのに、このひとハロンで最速タイムを刻めるってことは、相当、楽逃げだったってことになるんでしょうね。

レコード決着になった、(腹立たしき)『絶好の開催最終週の馬場』って何なんでしょうね(苦笑)


FC2ブログランキング ←ランキングUPのため、応援クリック、お願いします。

そういえば、昨年の札幌の馬場も(この競馬場にしては)、相当時計が速くなってました。

得意中の得意の函館の馬場までも、この傾向に変わってないだろうな・・・(まだ2ヶ月先だよ)




クリックしてね!FC2ブログランキング 

桜の栄冠に輝いたのは、前哨戦の雪辱を果たした、安藤勝JK・ダイワスカーレット。
断然の1番人気に推されたウオッカは、ダイワの後塵を拝する結果に・・・。


クリックしてね!←いよいよ牡馬クラシック・皐月賞!応援クリック、お願いします!

ダイワスカーレット
KATSUMI ANDO  on  DAIWA Scarlet (67th OUKAsho・Jpn-1)   JRA©

3強対決と評された今年の桜花賞でしたが、蓋を開けばチューリップ賞組のワンツー。
距離不安が叫ばれていたA・マーチャンは、残りひとハロンで失速。大方の予想を覆すことのない結果で、この秋はスプリント路線を歩むとか。

それにしても特筆すべきは安藤騎手の学習能力(といっては失礼か・・・)の高さ。
チューリップ賞での敗戦から学んだウオッカの強さ、そして、その差を認識してダイワスカーレットの欠点を補う、というより勝つためのベストの騎乗を本番ではやってのけました。

これは天晴!というほかないでしょう。お見事でした!

そのアンカツJKが2週連続のクラシック制覇へ挑む皐月賞の追い切り短評を少々・・・。


 FC2ブログランキング ←ランキングUPのため、応援クリック、お願いします。

気になった馬をA・B・C評価&短評を・・・(あくまでも個人的見解です、悪しからず・・・)。

アドマイヤオーラ (A
前走・弥生賞時には坂不安を指摘した馬だったが、立ち回りの器用さで難なく克服。追い切りを見るとパワーアップした印象さえ受けます。軽視は禁物。

フサイチホーオーC
坂路を軽く右にもたれながらの登坂。ステッキが入ると伸びるどころか、最後は失速気味に。止まったというよりこの馬の気の悪さかもしれませんね。
東京・阪神を使って4連勝中と成績にケチはつけれませんが、おそらく陣営が中山は使いたくなかったんでしょうね。内枠でも引けば包まれて・・・の場面も想定して。

ヴィクトリー (C
先週は追い切りで放馬。今週も坂路で鞭が入った瞬間、トモの力を抜くような体勢になり失速。気性的な成長がないと、才能開花は難しいかもしれません。

ドリームジャーニー (A
410~420kg台と小柄な馬なんですが、ひと叩きされ絶好調のよう。四肢の回転の速い走りなんで、Hペースの助けは必要でしょうが・・・。距離には課題もあり。

マイネルシーガル (B
タイム云々ではなく、美浦の坂路を真っ直ぐに駆け上がってきました。気性◎。こちらも前走で距離不安を露呈しただけに本番では?

アサクサキングス (B
きさらき賞以来となるが、デキに関しては問題なさそう。も、大トビで器用な競馬を強いられるとどうか。広いコース向き。あとは、今回は逃げそうなサンツェッペリンとの兼ね合い。

メイショウレガーロ (D
頭の高い走法で、推進力が前に伝わりにくい。

モチ (D
この馬は単純に鈍足でしょう。特記すべきこともなし。

サンツェッペリン (C
伏兵馬か?と期待はしていたんですが、追い切りを見る限りは・・・。単に、中山得意ってだけかも。ホープフルSと京成杯のレベルに疑問。

ココナッツパンチ (C
精神的な成長さえあれば、本番ではアドマイヤオーラとの逆転もある。と考えていたが、追い切りではまだ子供っぽさを残す。能力は低くないため当日のパドックには注意。

ローレルゲレイロ (B
勝ちきれないレースが続くものの、調子はうなぎ上り。但し、距離に関しては不安アリ。

ナムラマース (A
この馬も好調のよう。堅実さという観点でなら十分評価できるだろう。いつも何かに出し抜かれることを考えれば戴冠まではどうなのか。

フライングアップル (A
3頭併せの外、ほぼ馬なりで加速し僚馬を抜き去る。S~Mペースをワンペースで走るのが向くタイプだけに、本番では展開が向くかどうか。


クリックしてね!←皐月賞の穴馬は見つかった?!応援クリック、お願いします!

つらつらと、しかも割と弱点中心に書いてみましたが、この点をクリアできればという視線で見ていければ・・・と思ってます。

しかし、あくまで追い切りは追い切りに過ぎず、トライアルの折り返しが本番でないのも至極当然のことなんで、心してかかりたいとは思ってます。


 


クリックしてね!FC2ブログランキング 

2月の辞令から繰り出す、年度末・引越し、そして新しい職場と慌しい毎日の連続で・・・。
先週の競馬も、片付け優先の片手間競馬だったんで気も漫ろで(苦笑)。


クリックしてね!←いよいよ牡馬クラシック・皐月賞!応援クリック、お願いします!

午前中の出だしは申し分ないものの、後半失速パターン・・・。
というより、阪神牝馬Sが全てでした。

【阪神11R】 阪神牝馬S

◎⑤ディアデラノビア(1番人気3着
○③アサヒライジング(2番人気8着)
▲⑥ジョリーダンス(5番人気1着
注⑩サウスティーダ(6番人気10着)

本命を打った◎ディアデラノビアの不安点を挙げるとすれば・・・

・1,400mは若干、距離不足?
・差し送れての、脚を余しての敗戦

と、大きくは上記2点を不安視していたわけだが、馬券は度外視しても岩田JKの騎乗振りには目を覆わんばかりだった。

阪神適性や距離不足云々よりも、あの馬にあの乗り方はないんじゃねーか?テン乗りでもあるまいし・・・的な騎乗であったと思う。

ここ1年で9走しているこの馬に7走騎乗しているこのJKが、馬の特徴を掴んでいないはずもなく。じゃ、具体的になんだよって話なんですが・・・

まずは、この馬にはありえない早仕掛け。ましてや、勝ち馬の通る道を作るかの如き騎乗。
世話になってる、藤田に復帰の重賞勝ちをプレゼントしやがった。」
と、素直に思いましたよ。
レース後、岩田JKは、「不利も受けず、スムーズに回ってこれたので、前走のように直線で弾けてくれると思っていたのですが、思うように伸びてくれませんでした。緩い馬場が影響したのかもしれませんが、正直敗因はわかりません。」
正直、思っていた通りのコメントで確信しましたけどね。
ラップを見れば一目瞭然。新馬戦まで遡っても、自身ワースト3に入る上りタイムのレース。
しかも、位置取りは経験したことのない先行策って・・・。

所詮、次走の目処が立ってる(獲得賞金でローテの組みやすい)馬、特に、個人馬主以外の馬って、デキレースには使い易いですよね。
素直に馬の実力を物差しにすると、思わぬドロドロとした人間模様の罠に嵌っちまうこともあるんですね。これは今後に活かさないと!


FC2ブログランキング ←ランキングUPのため、応援クリック、お願いします。

下手が下手打ったって自分が買ったのが悪い、って納得できるんですが・・・。
このレースだけはあまりにもあからさまだったんで、問題提起も含め愚痴ってみました(苦笑)。



クリックしてね!FC2ブログランキング 

年末年始の休暇も今日が最終日とあって、自宅でまったりと過ごした一日でした。
も、退屈も相まって急遽、地方競馬に参戦。金杯を待たずしての「馬券初め」。


クリックしてね!←いざ、金杯!!応援クリック、宜しくお願いします!

1月4日ともなると、地方各地で競馬は開催中。どこにするか悩んだ挙句、佐賀に参戦決定。

も、勝利を決定付けるような馬券も取れぬまま最終レース終了・・・。売り上げの分母の問題だろうけど、佐賀で勝つには厳しい馬券を取らなきゃいけないことを再認識。
ワイドや複勝に万単位の投入すれば、あっという間にオッズは急降下。かといって、3連単も点数絞って買わないと、な競馬場。
ジリ貧のまま今年の初競馬も終了・・・かと思いきや、残ってました「南関・川崎」!

正月シリーズは薄暮開催の南関競馬。最終には間に合うぞ、と出馬表を取り出し検討。

人気を被っているのは、中央から転厩2戦目となる1番トウカイチーフと転厩初戦のサンデーサイレンス産駒5番りヴァリーガーデン
今日の川崎1500mは絶対的な先行有利な馬場。騎手込みでも危険な人気馬だろうと。

当地実績と先行力、そしてモニターでの返し馬を見て軸は9番ジュエルゴールドに決定。相手を2頭に絞り、1点でも当たれば勝ち組とオッズ十分なワイドで勝負!

1.4川崎11R
1.4川崎11R・成績表

購入 8,500円  払戻し 650円×4,000円=26,000円 
                550円×4,500円=24,750円   トータル 50,750円

直線、逃げた9番が止まりかけたところに、1番が急襲を仕掛けるもクビ差凌いで2点Get。

3連複・3連単の配当は見なかったことにしときましょ(苦笑)。


FC2ブログランキング ←ランキングUPのため、応援クリック、お願いします。

ヒヤヒヤもんでしたが、今年の初競馬は見事勝利で終了!いい形で中央開幕を迎えることができそうです。

さぁ、いよいよ明後日6日(土)から本格的な07年の幕開けです。


クリックしてね!FC2ブログランキング 

百花繚乱」はちと大袈裟だったかもですが、うまく券種を使い分けて勝ち逃げできました。
ダートが東西ともに見えてたことが大きかったですね。軽く検証でも・・・。


クリックしてね!←今年の競馬も今週でFINAL。応援クリック、宜しくお願いします!

午前のレース+新馬戦でほぼ勝ちが見えただけに、午後は無理をせずにすんだ日曜。
時間を要するデータ取りも、結果がついてくれば苦にならないっすね。

【阪神2R】 事前予想は以下のとうり

内枠有利下のエントリーで既に書きましたが、阪神替りで適性にマッチしそうな○①ヤマノブルーグラス。徹底先行の馬がいないここで粘りこみは可能で。
変わり身に期待すれば、初ダート組で馬格十分の注⑨メイショウラッシー。逃げる競馬も可能で、押しきりできるならこの馬。」

○①ヤマノブルーグラス
注⑨メイショウラッシー

12.17阪神2R

<レース結果> 
1着 9番 メイショウラッシー(4番人気)
2着 3番 ジョーモルデュー (5番人気)
3着 2番 モチ          (3番人気)  

3連複配当 5,260円    購入 5,000円  払戻し 52,600円

馬単が裏食ったのはもったいなかったが・・・(馬連配当 2,980円)、返し馬で煩かった1番を軽視できたのは大きかった。予想通り、9番のダート替わりと内枠で返しの良かった3番を中心に馬券を組み、1番からは押さえの馬券のみ。購入点数は多くなったが、配当を見れば妙味十分なレースだった。馬連が・・・orz(苦笑)。

【阪神9R】

これは、事前予想では混戦模様ということでUPせずアドリブで拾ったレース。

12.17阪神9R

<レース結果> 
1着  5番 ビッグジェム  (8番人気)
2着 12番 コレデイイノダ (2番人気)
3着  7番 ゴッドヘイロー (4番人気) 

単勝配当 2,730円    購入 3,000円  払戻し 27,300円

一応の中心として、7番と13番を挙げてはいたものの全幅の信頼は置けず、また、勝ち馬がピンとこずに見送り候補だったレース。
精神的な余裕もあってか逆転の発想で、人気馬以外の単勝が面白いかもと閃いたため急遽参加することに。
で、ピックアップできたのが単勝を買った2頭。(こちらも、両頭ともに内枠!)
1番ナムラアトランティスは、伸び盛りの3歳馬。京都では歯がゆい結果が続いたものの、(1.0.0.0)の阪神なら変わり身もあるかも。(結果:4着)
5番ビッグジェムは、3走前に阪神・現級で3着。上野→長谷川JKで勝負気配か?と前日に心は揺らいだものの、馬券対象までは・・・。も、長谷川JKが病欠で小牧JKに乗り替りとなると話は別。この乗り替りで過去にも好配を挙げたこともあり、こちらも単候補。

直線、ズブさを見せた6番が鞍上の叱咤に答え、ゴール前に抜け出し1着。

【中山10R】 事前予想は以下のとうり

「乗れてるイケメン・御神本JKの◎②スリーアベニューを軸に、関西馬・前走芝組を。

◎②スリーアベニュー
○⑮ケージーアジュデ
▲⑩シュウマノチカラ
△①アドマイヤカリブ
△⑦カシマフラワー
△⑭ダイワティグリス」

△を3頭挙げたように、また、前走芝組を拾わなければいけなかったように連下は大混戦。
で、購入した馬券は、

12/17中山10R

<レース結果> 
1着 2番 スリーアベニュー (2番人気)
2着 4番 ナトゥーア      (10番人気)
3着 7番 ウエスタンビーナス(14番人気) 

単勝配当 280円    購入 7,400円  払戻し 14,000円

A指定にしようかと思ったくらい、2番の軸を信頼出来たレース。「馬券に効くヒント」のなかでも、「内枠不利も抜けていれば」の馬なら狙いは立つ。中山は初コースながらも、ダート1200の実績は(4.5.1.0)に加え、河北→御神本JK乗り替りと勝負気配プンプン。

勝ちも確定し、狙うなら単勝。あと、妙にオッズも入っていた1番アドマイヤカリブとの馬単を選択。このアドマイヤカリブは、函館遠征時にデビュー戦の実馬を見たが、トモの発達した筋肉質の馬体でダートも十分にこなせそうな印象を当時から持っていた。(結果9着)

後方に位置した2番が直線、目の覚めるような伸びで見事1着。まさに「鬼脚」を引き出した御神本JK。今後も、中央に積極的に参戦して欲しい騎手の一人である。
結果は、3連複8万馬券・3連単64万馬券とやはり?大荒れ。安くとも単勝で正解だった。


FC2ブログランキング ←ランキングUPのため、応援クリック、お願いします。

逆に痛恨だったのはこのレース。

【阪神12R】 

「外出でおそらく買えないが、▲⑨マーベラスボーイが面白い。上野JKが何回も好走するとは考えにくく(苦笑)、阪神7Rの結果次第で取捨。」

▲⑨マーベラスボーイ(6番人気・1着) 単勝配当 1,610円

上野JKは、阪神7Rで9番人気・5着。ここは勝負か?とも思ったが、外出は止めようもなく(苦笑)、レース結果を見たときは・・・。

暖冬の影響で、凍結防止剤の撒布も未だなされないダートコースは今後も美味しい??


クリックしてね!FC2ブログランキング 

週末は、リニューアルした阪神遠征。去年の6月以来なんで、約1年半ぶりの阪神です。
土曜は、競馬場へは赴かず大阪の街をブラブラと・・・。いやぁ、寒かったです(苦笑)。


クリックしてね!←2歳牡馬の頂点はどの馬?応援クリック、宜しくお願いします!!

とはいえ、土曜も重賞のみ小銭で参加。その馬券ですが・・・

ステイヤーズS

【ステイヤーズS】結果

1着   6番 アイポッパー(1番人気)
2着 11番 トウカイトリック(2番人気)
3着   2番 チェストウイング(4番人気)

3連単配当 1,670円  購入 1,800円  払い戻し 1,670円

笑っちゃいました、ザ・とりガミ馬券。とよ風にいうと「トリガミ上等!」って感じでしょうか?
アイポッパーもトウカイトリックも軸として信頼してましたが、人気通りの決着になるとは。
スポーツ新聞・1日分負けちゃったなぁ(苦笑)。


 FC2ブログランキング ←ランキングUPのため、応援クリック、お願いします。

さぁ、いよいよ日曜日は外回りコース新設で広くなった阪神競馬場へ!

競馬場へはAM9:20ごろの到着。さぁ、1レースのパドックからいざ参戦!の意気込みも、「何で、本場馬入場からレース発走までの間隔が短いんじゃぁ」って唸ってしまうほどの慌しさ。返し馬見て、パドックの気配とつき合わせてマークカード塗ってたら・・・、もう締め切りのベルが。

結局、1~3レースは全て締め切りを食らう始末・・・(苦笑)。

新馬戦についての感想は、後ほど書くとして・・・。新馬戦終了後は場内見学に・・・。

興味のあった展示ブースに行きました。

JFレイ
阪神ジュベナイルフィリーズ 優勝商品の数々

この優勝のレイは、どの馬にかけられんだろ~と思いながら隣を見てみると・・・

ポンセチア賞・優勝メダル
ポインセチア賞 優勝メダル

「アルヴィス」が出走する、ポインセチア賞の優勝メダルを発見!

あとは、新設・外周りの馬場辺りまで足をのばしてぶらぶらしたり、馬頭観音を見学したりして購入意欲のない7・8R終了まで場内見学してました。

さぁ、そしていよいよ9R・ポインセチア賞のパドック!


クリックしてね!FC2ブログランキング 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。