モットーは★馬中心主義★小倉競馬開催時には、パドック・返し馬情報も配信中
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリックしてね!FC2ブログランキング 

いよいよ、明日から「夏競馬・小倉劇場」開幕!も、台風接近により順延もあるかも??
とりあえず、過去ログから「小倉ダート」について纏めた件があったんで、抜粋して・・・


クリックしてね!←1日1ポチッ★の皆さんのクリックが励みになります!! 

小倉競馬場・スタンド


ダート1000mから。

・さまざまなメディアの既報どうり、脚質的には逃げ先行が圧倒的に有利
・馬格はある方が望ましい(重い馬がスピードに乗ると止まらない)
・コーナーで息を抜いて(溜めて)、直線最加速の馬では届かない
・スタートから600m、だらだらとした下り坂が続くコース形態である

ざっと、こんなところでしょうか?



続いて、ダート1700mですが、1000m同様箇条書きにすると、

・未勝利では逃げ・先行が、条件が上がると差し・追い込み勢の台等が目に付く
・逃げ・先行勢なら、馬体重の重いほうが活躍(1000m同様の理由で)
・差し・追い込み勢は、馬体重が重くない馬(軽い馬が有利という意味ではない)
・上がり時計に注目!脚質に関わらず、上がりの速い脚を使える馬は強い

馬券的にも美味しいのが、この1700m。小倉ダートは「逃げ・先行有利」、の先入観からか差し追い込みタイプが人気を落とすことが多い。
特に、ポイントの1番目に書いたように、午前中のレースで前残りが決まると、午後も同様に前々に位置するタイプが人気するだけに、特に午後に美味しい配当が転がっている。

この時期の3歳未勝利戦では、(例外もあるが)ほとんど後方から差しきる脚を持った馬が残っているはずも無く(そういう馬は、とっくに勝ち上がってしまって)、結果、前残りになることも少なくない。

逆に、クラスが上がると末脚を持っていたとしても、馬場やその他様々な要因で着順を上げられず‘不当に’人気を落としている馬も少なからずいて、このような馬が活きる舞台のひとつが、『小倉ダート1700m』という条件である。


FC2ブログランキング ←今週から、直前情報頑張ります!応援クリック、お願いします。

解りにくい表現になっていたりするかも知れませんし、また、「違うだろ!」と感じられる方もいるかもしれないが、これはあくまでも『私見』でしかないんで、悪しからずご了承を。

それにしても、気になるのは天候だな・・・。


クリックしてね!FC2ブログランキング 

スポンサーサイト
待ちに待った函館開催の開幕。当然、傾向と対策は頭にインプット済み・・・のはずが、レースが進むごとに違和感が生じてきて・・・。


クリックしてね!←待ってました、夏競馬!応援クリック、お願いします!

というのも、芝コースが当たらない??土曜は修正の余地もなく、函館は完敗。

そして、半信半疑のまま迎えた日曜。午前の芝レースでやはりそうか、そして新馬戦の返し馬を確認してレースを見て疑念は確信に変わりました。

では、昨年の開幕週の芝中距離の走破時計を見てみると・・・

芝1800m

未勝利戦  1.51.6  1.50.3
500万下   1.50.0  1.49.5


芝2000m

未勝利戦  2.05.0
500万下   2.04.8  2.04.3


そして、今年の時計はというと・・・

芝1800m

未勝利戦  1.50.0  
500万下   1.47.7 
 

芝2000m

未勝利戦  2.03.4
500万下   2.02.1  2.00.8


本年-昨年のタイム差は・・・

芝1800m

未勝利戦  -0.3-1.6
500万下     -1.8-2.3秒 
 

芝2000m

未勝利戦  -1.6
500万下   -2.2-4.0


ここまで時計が顕著に違ってくると、もはやレベル云々の話ではないですよね。
前述の新馬戦で、手先にパワーを感じたシャドウデイルが差せず、軽さを感じたホウザンが逃げ残ったことで、後半は狙い馬を修正。

その修正が功を奏し、10R 奥尻特別の単勝3番(10番人気)・11R HTB杯の馬連本線(1番人気-7番人気)をGet し土日通算のプラスを確定。
(詳細は、週中の回顧にて・・・)


FC2ブログランキング ←ランキングUPのため、応援クリック、お願いします。

昨年夏の札幌開催から始まった、各競馬場の高速化。冬の小倉もそうだったし、今開催の阪神もレコ-ドラッシュとなってます。

折角の「函館らしさ」を失くしてしまう、芝の高速化。昨冬の雪の少なさだけではないと思います。これじゃ、気候や開催場所が移るのみで、その競馬場の特性が失われてしまうような・・・。

まぁ、馬券的には順次、対応していかないといけないんですがね・・・。


クリックしてね!FC2ブログランキング 

先週の競馬は軽めの勝負に徹して、指数作成にほぼ専念した週末でした。
構想1年・試行錯誤を繰り返し(めんどくさくて進まなかった?)ようやく形になりました。


クリックしてね!←びっち指数、その威力は如何に??応援クリック、お願いします!

構想からとなると結構な時間を費やしました。机上での仮計算がしっくりこなくて・・・。

なので、先週は土日を指数修正を焦点に、オンタイムでのグリーンチャンネル観戦でした。
そして、ようやく完成した『びっち指数』(仮題)。まずまず、満足できるものとなりました。

その中身はというと・・・

過去レースから(ある程度大雑把に)採点化した能力ポイントをベンチマークとして・・・
とここで、なんで大雑把なのかというと、いろいろなスピード系の指数などを利用しても良かったんですが、この基礎点数が及ぼす影響が少なからずあるわけで、ここであまりにも世間に出回っている指数を用いてしまうと、色んな要素を後付けしても結局序列がさほど変わらない、ってのを避けるために比較的ルーズさを求めました。

そして、そのベンチマークのスパイスとなるのが「展開」。ここの上げ下げが最も悩んだところでもありました。
この『びっち指数』(仮題)の大きな特徴にもなるわけですが、数値を二元化していること。
カッコよく言うと【dual  index】な訳です。具体的に書いてみますが、

α・・・逃げ先行馬有利な展開・馬場(開幕週~)などに用いる指数
β・・・差し追込馬有利な状況(瞬発力傾向)・馬場(~最終週)などに用いる指数。

そして、このαとβの差異でその馬の得意な状況もわかるようになっています。

更に、調教などをその指数に加味し、乗替・前走からの斤量変化などなどで最終的な補正を加えたものを最終的な指数値としています。

勿論、指数の序列通りに購入する訳でなく、ここでいろんなスピード指数と絡めて購入していく予定です。
いつぞやも書きましたが、究極の目標は「digital」と「analog」の融合
そして、なんといっても最後に頼りになるのは、感性(sensitivity)ですよね。
多角的視点から馬券を作っていく。すてきな字面だ(笑)。

当面は修正点も見つかってくるでしょうが、それは実戦で検証していくのみ。
今週、ついにそのべールを脱ぎます!!


FC2ブログランキング ←ランキングUPのため、応援クリック、お願いします。

残すはネーミングか・・・。いつまでも仮題のままじゃぁ格好悪いしなぁ・・・。
かといって、オレ指数EX(これしか書けない)みたいに大胆なネーミングはとてもとても(苦笑)。

そのまんま、【dual  index  analysis】でもいいかと思ったけど、これはサブタイトルで使うとして。やはりメインのネーミングが欲しいっすね。
週末までの宿題にしよう(笑)。


クリックしてね!FC2ブログランキング 

熟考を重ねた『予想フロー』がようやく完成しました。(作表に時間を要しましたが・・・)
今までの欠点を補填すべく発動予定の新フロー、3月より稼動予定です。



クリックしてね!←フェブラリーSは幸先良く的中!応援クリック、お願いします!

キーワードは何度も述べている通り、『選択と集中』。
そして、1日単位の収支で一喜一憂しないフロー作りが最大のテーマでした。

完成した『予想フロー』はこちら

予想フロー(厩舎画像をクリックすれば見ることができます)

~左サイドバーにもリンクバナーを貼ってます~

このルールを遵守することで、「最終レースに逆転を賭けて!」や、「負けてるんで、このレースにぶち込み」的な無謀な賭けを回避でき、あくまでもサイクル毎の収支決済に専念することができるようになってます。(のハズです^^)


今週は、土曜が結婚式出席、そして日曜は午後から仕事が入っているため、本格稼動は3月3日(土)からとなる予定です。
今週は、開催替りで中山・阪神が開幕週となるためちょうどいいかもしれません。更に、来週は春の中京開催もスタートするため、選択の幅も広がってきそうです。


FC2ブログランキング ←ランキングUPのため、応援クリック、お願いします。


個々のレースの予想自体は何ら変わることはありませんし、今までの方式にせよ、新方式にせよ、成功の鍵となるのは「どこの、どのレースで、どの券種で、どれくらいの金額を」投資するのか?でしょう。

本格的な春のシーズン到来と共に、【びっち’s PARK】も飛翔しますよ!


クリックしてね!FC2ブログランキング 

小倉競馬開催中から考案しつつあった、「新投資法」がだんだんと型になってきました。
きちんと体系的に整理して、発動時期をいつにするのか・・・。


クリックしてね!←フェブラリーSは幸先良く的中!応援クリック、お願いします!

内容に若干触れると、今までのA~C指定レースを更に改良・発展させたもので、その欠点を補填しうるであろう(と考えられる)方式になる(ハズです)。

A~C指定レースの弱点とは・・・

投資のスパンを1日区切りにしているため、時系列のレース投資になり、場合によっては一番最初にA指定レースが出現したり、B→A→Cのように勝負レースが早い時期にでてくることで資金マネジメントが結構難易だったという欠点がありました。

新投資法は、投資スパンを(表現が異なってきますが・・・)A指定レース終了後のレースから、A指定レースで終了としたこと。

なので、具体的に表すと

ex)
土曜  6R B指定レース(投資スタート
土曜  8R C指定レース(継続)
土曜  9R 指定レース(投資終了
土曜 12R C指定レース(投資スタート

日曜  2R B指定レース(継続)
日曜  7R 指定レース(投資終了
日曜 11R C指定レース(投資スタート)→翌週、土曜へキャリーオーバー

こんなイメージでしょうか。

実際は、もう少し段階を踏むつもりでいますので、多少、複雑になってくると思いますが・・・。
全コロガシのようなハイリスクもしょいたくないんで、もう暫く熟考して煮詰めていきます。

春先のスタートを予定してますんで、乞うご期待!!


FC2ブログランキング ←ランキングUPのため、応援クリック、お願いします。

今年最初のGⅠ・フェブラリーステークスは、◎→注→△で5万馬券的中!!

って、この日はゴルフで7時前に出発、プレー終了後、クラブハウスを出た瞬間に出走(泣)
ここが接待ゴルフの辛いところで、プレー中に携帯ピコピコやって馬券買えないっスからねぇ・・・。当然、愛馬アルヴィス(10着敗退・・・)のレースも見ることが出来ませんでした。

いやいや、仕事なんでしょうがないっす・・・。が、返す返すも残念。

まぁ、今後もこの調子で頑張りますわ!


クリックしてね!FC2ブログランキング 

先週からお目見えとなった新・阪神コース。旧コースとは傾向に差があるようで・・・。
攻略の糸口を掴むためにも、丸裸にする必要がある?


クリックしてね!←2歳牡馬の頂点はどの馬?応援クリック、宜しくお願いします!!

関西圏でのG1レースは終了してしまいましたが、美味しいレースはまだまだあるはず。

アロンダイト2
Alondite at TOKYO Dirt Course (JAPAN Cup-Dirt Inter National GradeⅠ)

阪神は、まだ2日間のみの開催しか施行されていませんが、傾向を掴むことで前コースとのギャップを把握しないと・・・。
ってなわけで、データベースを新しく構築中。といっても、大半は手作業に頼らなければならず、2日間の開催をまとめるだけでも3時間近い時間を費やしてしまいました・・・。

とりあえず、今年の阪神と中山については新データベースでの検証を行ってみて、来年に繋がるかどうか試行錯誤でチャレンジします。
正月休みには、今年の冬の小倉開催のデータをまとめてみて、来年の現場参戦に備えてみようかと・・・。継続こそ力なり、ですが、根気よく続けないとな・・・。
ちなみに、Exelシートでの作業を進行中です。

大変ですが、予想に反映できるよう頑張ってみます!


クリックしてね!FC2ブログランキング 

せっかくの休日だというのに生憎の雨模様。明日以降は持ち直しそうな感じですが・・・。
競馬場の天気も、東西共に週末は何とか持ち直しそうですが、土曜は雨の影響が残りそう。


クリックしてね!←今週はジャパンカップ!応援クリック、宜しくお願いします!!

残る10日間・5週間を勝ちきるために、今週、考え続けてきた一応の結論を・・・。

色々と方法を考えてきましたが、やはり予想印に反映させる方法が最良かと。
今までは、きっちり順位付けをして(◎○▲注△▽)という形と共に、各馬への寸評を入れることである程度の方針をつけていましたが、今後(とりあえず、今年一杯)は

A~C指定レースでの表記で、其々の勝負度合いを測るためのFirst Stepに。(従来通り)

・単複勝負(or 相手を絞れず)や、ヒモ穴として面白い馬がいるレースは注目馬の欄に。(〃)

・当然、各馬に対するコメントも従来通りで。(端的に済ませられるなら短めに)

・馬券の券種を書き込んだ週もありましたが、なくします。(固定観念に囚われないよう)

・その代替として、印に大きく傾斜をつけることにします。

特に、今後重要なポイントとなるであろう、5番目の「印の傾斜」について若干、説明を。

基本線としての6頭ピックアップは変わらず、6種(◎○▲注△▽)の印を用いるわけですが、印は◎は基本的に1頭のみですが、その他をバラつかせてみようかと。
あと、馬券の中心は4頭で、印的には◎・○・▲・注、△・▽は連下での評価は変わらず。

* ◎は基本的に1頭のみが原則で
* 頭に考えられる印は、上記、中心の4頭で
* 馬名の後方に、★印で単への期待度を表記(最大で★3つ)

例 1 )
◎① アイオエオ  ★★★
○② カキクケコ 
▲③ サシスセソ ★★
注④ タチツテト  ★
△⑤ ナニヌネノ
▽⑥ ハヒフヘホ

例 2 )
◎① アイオエオ  ★★★
▲② カキクケコ ★★
▲③ サシスセソ ★
▲④ タチツテト  
▽⑤ ナニヌネノ
▽⑥ ハヒフヘホ

など、色んな表記がでてくると思いますが、コメント・印・★の組み合わせで判断してもらえればと思います。当然、注目馬にも★印を最大3つの縛りで打ちたいと思います。


FC2ブログランキング ←ランキングUPのため、応援クリック、お願いします。

当、【びっち’S PARK】が、読んでくれてる人の馬券にどの程度、貢献しているのかは未知数ではありますが、「皆で勝つ」を合言葉に頑張りましょ。

多少でも馬券の参考になるよう、いや、やっぱ「馬券公開」のほうがアクセス数が多かったなぁ(苦笑)。またやりましょか??(笑)


クリックしてね!FC2ブログランキング 

土日休みがなかった先週末から一転、明日から4連休とゆっくり出来る週末です。
競馬のない休日、どうやって過ごそうか・・・(苦笑)。まぁ、とりあえずのんびりを最優先で?


クリックしてね!←今週はジャパンカップ!応援クリック、宜しくお願いします!!

ブランシュネージュ
Blanche Neige at FUKUSHIMA Turf Course

昨日のエントリーでは、「馬連至上主義」っぽく書いてしまいましたが、決してそういう意図があってのものではなく、「馬券的思考」と捉えて貰えれば・・・です。

当然、馬券予想はまず第一に「勝ち馬を探す」作業に間違いはありませんよね。

ただ、過去の記憶や思い込み、思い入れなどで自分の都合のいい勝ち馬探しになることもしばしば・・・無きにしも非ず。
軸固定で失敗したことも数知れず、とまでは行かなくとも多々ありました。

確信に近い軸も当然多々ありますが、誰しも少なからず「オッズ」は気になるもの。
2頭気になる馬がいた場合、例えば、単勝1倍台の人気の馬と20倍台の人気の馬であるとするなら、なんとなく軸は1倍台の馬にしたくなるのが普通の思考ですよね。
「オッズが低い」=「勝つ確率が高い」という、頭では「違げ~よ!」と判っていてもいざ現金投入となると陥ってしまう思考のパラドックス。

確固たる理由のもと、「堅い」(と思える)人気薄を軸に据えれるレースはさほど多くはないはずなのに無理繰り理由付けした人気薄を軸馬に、また、確固たる理由もなく、(オッズ的に)「堅い」人気馬に反旗を翻してしまったために、的中が遠のいてしまう失敗を繰り返して、また反省の日々(笑)ってありませんか?オレだけっすかね・・・(苦笑)。

「勝ち馬」探しが正解なんだと思うんです、実際。ただ、順位付けが安易にならないよう、「馬連探しの思考」ってのが大事かな・・・と思ったわけです。


FC2ブログランキング ←ランキングUPのため、応援クリック、お願いします。

小難しくなりましたが、予想印(◎・○・・・△)の羅列な予想にならないような10日間。コレをコンセプトにしていこうと思います。

次回は、予想印に加え、その他(文章以外)に勝負度合いを表現できる方法を考えていきたいと思います。


クリックしてね!FC2ブログランキング 

昨日の続きっぽい内容ですが・・・。皆さん、ご存知の「JRA-VANの鉄人コンテスト」。
ここの投票内容からヒントを得ることできるかな?な感じで・・・。


クリックしてね!←今週はジャパンカップ!応援クリック、宜しくお願いします!!

現金投入しない馬券コンテストってことで、割と気楽に投票できる強みはあるんですが。
予想方法は、出走馬から4頭を選んだ「馬連4頭ボックス」方式。そして、予想が的中した場合、該当レースの払戻金がポイントとして成績に加算されるというルール。

んで、現在の成績は・・・

鉄人・成績

43,833名の参加者中、156位!!(11/11は参加せず・・・)
1日(2レース分)の不参加は、アルヴィスの初勝利の日。浮かれあがって、投票するのを忘れてました・・・(苦笑)。

その投票成績ですが・・・(馬連のみPick Up。といっても、G1のみ投票可能な3連単に的中はないんですが)

鉄人・馬連

霜月Sの272倍・フルーツラインCの92倍が大きく引き上げてますが、1レース=馬連6点買いで回収率を計算すると・・・

脅威の538.3%!!
1点1,000円の均等買いで、78,000円投入で回収額は443,300円ってことになります。
純利益で365,300円ですか・・・。

おそらく、『馬券の自由度が幅広かったらここまでの回収額になったかは疑問』ですが・・・。
ちなみに・・・
(・多分、ワイド・複勝って券種を織り交ぜるため、的中率はUpしても利益はDownでしょう。)
(・強気に行ったとすれば、霜月Sは、馬単で600倍の配当になります。)

ここにヒントが隠されていないか??
Key Wordとしては、前述の『馬券の自由度』。リスクヘッジ=複勝・ワイドが必ずしも正解ではないような感じもしてきますね。
決して『馬券の自由度』に縛りを設けるって意味ではなく、馬連からBuild Upさせるという発想を馬券購入の際にもっと重視したほうがいいかな?
ですから、今までの複勝・ワイドから派生する馬券では、そこが勝負馬券になってしまうんで、「リスクヘッジ」のつもりがハイリスク・ローリタ-ンにもなりかねない馬券の作り方をしていたのかもしれません。 (この場合の、「ハイリスク」とは的中率ではなく、「投入金額」そのものとして捉えてください。)

「馬連をつくる」発想を基本に、Up系の「馬単・3連複・3連単」・Down系の「複勝・ワイド」に広げていくコトを意識した予想に変えていってみようかと思います。


FC2ブログランキング ←ランキングUPのため、応援クリック、お願いします。

昨日も書きましたが、あくまでもこれは「個人的な」・「試験的発想」であり、様々な券種の良し悪しについて語ろうという類のものではありません、悪しからず。

云わば、今年の反省と来年のStep Upのための「ひとつの手段」に過ぎません。
残り10日間に対する試行錯誤。基本線はで、も~ちっと、掘り下げて考えていってみます。


クリックしてね!FC2ブログランキング 

まだ師走までは10日間ほどあります、が、今年の競馬もあと5週・10日間となりました。
10日間とキリのいい数字なんで、何かしらの目標を定めてみようかと・・・。


クリックしてね!←今週はジャパンカップ!応援クリック、宜しくお願いします!!

「競馬はダービーに始まり、ダービーに終わる」とも言いますが、やはり、『年毎の区切り』として金杯~有馬記念の1年間がどうもしっくり来るような気がします。

その10日間の目標を定める前に、今年のここまでの競馬は、例年にない波の多さでした。爆発があったと思えば沈黙あり。予想パターンを多少捻ったからか、万馬券も昨年の半分以下に激減してしまっている現状です。

クルサード
Cruzado at  KYOTO Turf Course

「残り10日間を全て勝つ!」って最良の近道があればいいんですけどね(苦笑)。

ぼんやりと考えても、金額(回収金)の目標を立てるより、「来年へ繋げる」馬券的なアプローチの整理をしていくほうがいいのかなぁ・・・と。

基本軸を決めて、他にアプローチしていく・・・。う~ん、どうだろう??

「基本軸」=複勝・ワイドではない券種を選択して、そこから派生出来得る方法か・・・。

もう少し熟考してみます。


FC2ブログランキング ←ランキングUPのため、応援クリック、お願いします。

フレキシブルさは大切だし、フォームに拘るとそこから崩れていくと思うんで難しいとこです。

JRA-VAN予想コンテストではそこそこ結果も出つつあるんで・・・。
その辺をヒントに、今週は少し掘り下げて考えて行きましょうかね。


クリックしてね!FC2ブログランキング 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。